更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

定例会見(フラウンホーファー研究機構との協力協定を更新します)

(担当)経済局産学連携推進課
(電話)022-214-8245

仙台市と、ヨーロッパ最大の応用研究機関であるフラウンホーファー研究機構(ドイツ)は、本年7月に5年間の期限を迎える協力協定を3年間延長することとし、従来の協力関係を深化させ、新たに仙台地域の産業振興を目的とした具体的なアクションプログラムを策定することとしました。

アクションプログラムでは、同機構と仙台の地域企業との連携を促進するコーディネーターの新設、情報交換の緊密化等を盛り込むとともに、「仙台地域の産業振興」を目的とすることを明記しました。

なお、今回の協定更新に伴い、7月13日(火曜日)に、調印式を開催するとともに、調印式に先立ち、同機構の日本代表部代表が地域企業を訪問します。

調印式の概要

1 日時

7月13日(火曜日)14時00分~15時00分

2 会場

仙台市役所本庁舎3階 秘書課第一応接室

写真:平成7年調印式の様子

【平成17年の協定調印の模様】

3 出席者

Dr.Lorenz.GRANRATH(ロレンツ・グランラート博士)
(フラウンホーファー日本代表部代表)
江刺正喜(東北大学原子分子材料科学高等研究機構教授)
林育菁(りんいくせい)(東北大学原子分子材料科学高等研究機構助教)
奥山恵美子(仙台市長)
伊藤敬幹(仙台市副市長)ほか

4 内容

  • (1)市長挨拶、グランラート日本代表部代表挨拶、江刺教授挨拶
  • (2)協定書調印
  • (3)「フラウンホーファー研究機構について」
    (グランラート日本代表部代表によるプレゼンテーション)

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921