更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

復興公営住宅への入居意向調査結果の速報値がまとまりました(発表資料)

(担当)都市整備局復興公営住宅室
(電話)022-214-8417

3月28日から4月12日に実施した「復興公営住宅への入居意向調査」の速報値がまとまりました。

この調査は応急仮設住宅等にお住まいの方など、およそ1万世帯を対象に、仙台市の復興公営住宅について、コミュニティ入居等の募集方針や公募買取事業による整備を含めた整備箇所などの全体をお示しし、調査を行ったものです。

1 概要

(1)対象世帯

東日本大震災により住宅を失った9,983世帯(応急仮設住宅居住世帯、前回の入居意向調査において復興公営住宅への入居を希望または検討中とした世帯)

(2)実施期間

3月28日~4月12日

(3)調査方法

郵送や区役所窓口などで配布し、復興公営住宅への入居を希望する世帯に回答をしていただきました。

(4)調査項目

  • ア)復興公営住宅に入居を希望する人数
  • イ)被災時の状況(住所、住宅の種別、り災状況)
  • ウ)住宅確保に配慮が必要な世帯(高齢、障害、一人親)の該当の有無
  • エ)世帯の収入
  • オ)応募申込みの方法(優先順位、コミュニティ入居、個別申込み、グループ申込み)
  • カ)希望する復興公営住宅の箇所(第1~第3希望)
  • キ)ペットと一緒の入居の意向
  • ク)車椅子住宅の入居の意向

2 結果(概要)※4月30日現在 集計済数:5,781世帯

(1)入居希望数

仙台市の復興公営住宅への入居を希望されている世帯は、3,566世帯でした(仙台市外で被災され、現在も仙台市外にお住まいの方を除く)。

前回調査(平成24年5月)・・・入居希望世帯 3,529世帯

(2)被災地

上記3,566世帯の内、仙台市内で被災された世帯は2,708世帯(76%)、市外で被災された世帯は853世帯(24%)、不明な世帯は5世帯でした。

(3)応募申込み方法

  • アンケート結果グラフ優先入居
    防災集団移転対象者等
  • 優先順位
    70歳以上のみの世帯、中度以上の障害のある世帯、中学生以下の子を扶養するひとり親世帯
  • 震災前、応急仮設住宅のコミュニティ
    震災前や仮設住宅のコミュニティのまとまりで入居したい世帯(5世帯以上)
  • 個別申込み
    個別世帯単位で入居したい世帯
  • グループ申込み
    小規模のグループで入居したい世帯(2~4世帯)

(4)整備箇所別の希望

備箇所別の希望詳細

(※)復興公営住宅及び地下鉄の名称は現在の仮称です

(5)ペットと一緒の入居

3,566世帯中、ペットと一緒の入居を希望される世帯は、546世帯でした。

3 今後の予定

引き続き、入居意向調査結果の集計を進めるとともに、入居意向調査の結果をふまえ、入居者決定方法等について早期にお示しできるよう、検討を進めてまいります。なお、平成25年度完成予定の復興公営住宅の入居者募集につきましては、平成25年11月から12月頃に実施する予定です。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921