更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

寄生虫について

1.アイナメに異物

<相談内容>
自分で釣ったアイナメをさばいたところ、筋肉中に黒っぽい水泡のようなものがあった。これは寄生虫であるのか教えてほしい。

アイナメから摘出した異物の写真

<回答内容>

  • アイナメを開き、黒い部分を筋肉から切り出して半分に切ったところ、中から透明な粘膜で覆われた3~4mm程度の白っぽい虫体が出てきた。
  • 実体顕微鏡での観察により、寄生虫の口の形状がゆりの花に似ていることが確認され、「リリアトレマ属」の「メタセルカリア」(被嚢(ひのう)幼虫)と判定された。
  • 黒く見えた部分は、虫体に沈着したメラニン色素であると思われる。
  • 人体に寄生する恐れはない。

<参照>
食品の苦情Q&A(東京都)

苦情相談事例目次へ

2.マグロに白いスジ状物質

<相談内容>
本マグロをさばいていたところ、筋肉中に白いスジ状の異物が埋まっていた。マグロの組織ではないようだが、何であるか調べてほしい。

本マグロ筋肉から摘出したシスト中の胞子体の写真

<回答内容>

  • 肉眼での観察から、当該品には白いスジ状のものの他に、黒色の微小な点状または細い線状の病変部位が確認された。
  • 染色して組織を観察したところ、寄生虫の存在が認められた。
  • 白いスジ状のもの自体は虫体ではなく、寄生虫により形成されたシスト(嚢胞(のうほう))とその周辺の筋繊維が崩壊した後の修復過程として形成された、いわゆる肉芽腫と考えられる。
  • 微細な黒色病変の中にも寄生虫の胞子体が確認されたことから、これも本病変の一形態であると思われる。
  • 原因となった寄生虫(原虫)としては、「粘液胞子虫」の多殻目に属するものが考えられる。

(協力:仙台市食肉衛生検査所)

苦情相談事例目次へ

3.カツオに寄生虫

<相談内容>
購入したカツオから、寄生虫が出てきた。何であるか、人体に有害なのか教えてほしい。

カツオから出てきた寄生虫の写真

<回答内容>

  • 肉眼および実体顕微鏡での観察から、四吻目(しふんもく)の条虫である、「テンタクラリア属」の幼虫と判定された。
  • 白い米粒状で、頭部に4本(写真では2本に見えるが)の吻(くちばし)があるのが特徴。
  • 吻(くちばし)の表面には小鉤がらせん状に並んでおり、組織内に食い込んでいるような場合は摘出しにくい。
  • 人体に寄生することはないので、食べても害はない。
  • サバ等にも寄生する。

<参照>
魚介類の寄生虫ハンドブック第1巻(東京都)
仙台市ホームページ「食中毒情報;アニサキス[魚介類等]」

苦情相談事例目次へ

4.タイに寄生虫

<相談内容>
養殖タイの肛門から寄生虫らしきものが飛び出している。何であるか調べてほしい。

タイの肛門から飛び出した寄生虫の写真

<回答内容>

  • 虫体(上図)をピンセットで取り出そうとしたころ、強い抵抗があり、鉤状の部分が腸管に食い込んでいた。
  • 摘出した寄生虫は、乳白色で体長20mm、体幅1~2mm、円筒形であることから、吻(くちばし)・頸(くび)・胴の3部からなる鉤頭(こうとう)虫類と判断された。
  • 頸部が長いという特徴から、「ロンギコラム・パグロソミ」と考えられる。

<備考>

  • 当該寄生虫は、成虫はタイ類の消化管、未熟虫は種々の海産魚類に寄生する。
  • 人体に対する病害性の報告はない。

<参照>
魚介類の寄生虫ハンドブック第2巻(東京都市場衛生検査所)

苦情相談事例目次へ

5.赤魚に寄生虫

<相談内容>
赤魚に寄生虫らしきものが付着している。何であるか調べてほしい。

赤魚に付着していた寄生虫の写真

<回答内容>

  • 当該品の筋肉中に、線虫類と思われる渦巻状の異物を肉眼で確認した。
  • 異物を取り出して実体顕微鏡で観察したところ、腸管と思われる組織が確認されたが、調理済みのものであるため詳細はわからなかった。
  • 寄生虫の種類としては、「アニサキス類」等の線虫類が考えられる。

<備考>

  • アニサキス類であれば、人体に寄生する恐れがある。
  • -20℃で24時間以上冷却すれば死滅する。
  • 中心部まで十分加熱して食べれば問題ない。

<参照>
魚介類の寄生虫ハンドブック第1巻(東京都市場衛生検査所)

苦情相談事例目次へ

6.アンコウのお腹にツブツブ

<相談内容>
アンコウのお腹によく見られるツブツブは何であるか、教えてほしい。

アンコウのおなかに見られるツブツブした部位の写真

<回答内容>

  • 白いツブツブは膜内に入っており、大きさは0.5mm~1.5mmで不定形であった。
  • 白いツブツブを潰して光学顕微鏡で観察したところ、シスト(嚢胞(のうほう))らしきものが確認された。
  • これより当該品は、微胞子虫の寄生によりシストが形成されたものと考えられる。

<参照>
東京都市場衛生検査所ホームページ「苦情相談事例集(水産)」(外部サイトへリンク)

苦情相談事例目次へ

7.毛ガニに寄生虫

<相談内容>
毛ガニを茹でて食べようとしたところ、寄生虫らしきものが出てきた。


茹でた毛ガニから出てきた寄生虫の写真

<回答内容>

  • 異物を毛ガニから取り出してみると、長さは約15cmであった。
  • 実体顕微鏡での観察から、「ハリガネムシ」という寄生虫の仲間であることが判明した。
  • 人体に害はない。
  • カニへの寄生は珍しく、日本でもこれまでほとんど報告がない。

<協力>
独立行政法人水産総合研究センター東北区水産研究所
東京大学大学院農学生命科学研究科水圏生物科学専攻魚病研究室

苦情相談事例目次へ

お問い合わせ

健康福祉局食品監視センター

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8155

ファクス:022-232-9005