現在位置ホーム > 市政情報 > 首都圏における仙台関連情報 > 東京に残る政宗公ゆかりの地 > 塩釜公園・鹽竈(しおがま)神社(港区新橋)

更新日:2017年2月1日

ここから本文です。

塩釜公園・鹽竈(しおがま)神社(港区新橋)

港区新橋にある塩釜公園は、江戸時代、仙台藩の中屋敷内にあり、鹽竈神社の境内になっていた場所です。
江戸時代、大名は将軍家から屋敷を拝領すると、国元より神社の分霊を移して祀り(勧請)、屋敷内に社を設けていました。この鹽竈神社は、元禄8年(1695年)に四代藩主綱村が、領内(塩竈市)にある本社から東新橋の芝口上屋敷(浜屋敷)へ分霊を迎え祀ったのがはじまりです。安政3年(1856年)にこの地に移転され、邸内社として祀られていましたが、その後庶民にも参拝が許されるようになり、本社に同じく安産の神様として信仰を受けました。
鹽竈神社の社殿は、昭和20年(1945年)の空襲により焼失したものの、戦後、再建され、現在は安産や長生きの神様として、また、ケヤキやイチョウなどの緑に囲まれた都心の小さなオアシスとして親しまれています。

 

塩釜公園

塩釜公園の写真1 塩釜公園の写真2
地域の憩いの場となっています

 

鹽竈神社

鳥居の写真

鹽竈神社の参道

お社の写真

鹽竈神社の社殿

塩釜神社と書かれた石碑
境内にある石碑

 

お問い合わせ

総務局東京事務所

東京都千代田区平河町2-4-1日本都市センター会館9階

電話番号:03-3262-5765

ファクス:03-3262-4594