現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 消防 > 火災予防 > 火災予防・住宅防火 > 住宅用火災警報器等の設置、維持管理

更新日:2020年5月27日

ここから本文です。

住宅用火災警報器等の設置、維持管理

住宅用火災警報器

消防法では、すべての住宅に「住宅用火災警報器」等の設置を義務付けており、設置・維持の基準は仙台市火災予防条例で定められています。

(平成17年6月24日公布)仙台市火災予防条例「住宅用防災機器の設置及び維持に関する基準等」は例規検索画面から絞込み表示機能を使用し閲覧することができます。
また、広報用チラシが下記関連ファイルにありますのでご利用ください。)

2020東北楽天ゴールデンイーグルス住宅用火災警報器啓発ポスター

2020東北楽天ゴールデンイーグルス住宅用火災警報器啓発ポスター

 

 

住宅用火災警報器等とはどんなもの?

住宅用火災警報器等とは、住宅における火災の発生を未然に又は早期に感知し、及び警報する警報器・設備であり、次のものをまとめて住宅用火災警報器等としています。

  • 住宅用火災警報器
    感知部、警報部等が一体となった単体タイプの警報器で、火災を感知した火災警報器だけが警報音又は音声で知らせます。
  • 住宅用自動火災報知設備
    感知器、受信機、中継器等から構成されるシステムタイプの警報設備です。

住宅用火災警報器等には感知対象に応じて次の2種類があります。

  • 煙式警報器
    煙を感知して、火災の発生を警報音又は音声で知らせるもので、一般的にはこれを設置します。(全ての場所に設置できます。)
  • 熱式警報器
    熱を感知して、火災の発生を警報音又は音声で知らせるもので、日常的に煙や蒸気の多い台所に向いています。(台所のみ設置できます。)

(※)火災とガス漏れを両方検知できる複合タイプもあります。
詳しくは仙台市ガス局のホームページ(外部サイトへリンク)を参照ください。

住宅用火災警報器等の種類

煙式警報器の画像

煙式警報器

熱式警報器の画像

熱式警報器

住宅用火災警報器等は、省令等による規格に適合するものと定められております。
品質を保証するために、平成26年4月1日から販売される火災警報器等は日本消防検定協会の検定を受けることが定められました。
感度やブザーの音量などが基準に合格したものには、日本消防検定協会の検定マーク(左下の図)が付いています。

日本消防検定協会検定マークの画像

誰が取り付けるの?

住宅の関係者(所有者、管理者又は占有者)と定められています。
したがって、持ち家の場合はその所有者が、アパートや賃貸マンションなどの場合は、オーナーと借受人が協議して設置することとなります。

どこに取り付けるの?

住宅火災の現状、住宅用火災警報器等の設置効果等を考慮し、設置場所については次のように定められています。

※設置場所について、ご不明な点等がございましたなら、お近くの消防署、分署、出張所へご相談ください。

取付位置については?

住宅用火災警報器等は、天井や壁面に取り付けることとなりますが、具体的には次のように定められています。

設置箇所(天井)のイラスト設置箇所(壁)のイラスト設置箇所(エアコンなど吹き出し口付近)のイラスト

注意:警報器の中心(感知部)を壁から60cm以上離して取り付けます。天井にはりがある場合には、はりから60cm以上離します。(熱式の場合は40cm以上となります。)

注意:天井から15~50cm以内に警報器の中心(感知部)がくるようにします。

注意:エアコンや換気扇の吹き出し口付近では1.5m以上離します。

日ごろのお手入れは?

点検のタイミング
定期的(1カ月に1度が目安です。)に、住宅用火災警報器等が鳴動するかテストしてみましょう。
点検方法は、本体の引きひもを引くものや、ボタンを押して点検できるものなど、機種によって異なりますから、購入時に点検方法を確認しておきましょう。
なお、次の場合には作動試験を必ず行いましょう。

  • 初めて設置したとき
  • 電池を交換したとき
  • 汚れなどの清掃をしたとき
  • 設置場所を変更したとき
  • 故障や電池切れが疑われるとき
  • 長期留守にしたとき(3日間以上)

交換期限について
住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れ等で、火災を感知しなくなることがあるためとても危険です。10年を目安に交換しましょう。

どこで購入できるの?

ホームセンター、家電量販店、防災設備会社、電気工事店、警備会社、文具店などで購入することができます。

種類は「単独型」「連動型」があります。

単独型:火災を感知した住宅用火災警報器だけが警報を発します。
連動型:火災を感知した住宅用火災警報器だけでなく、連動設定を行っている全ての住宅用火災警報器が火災信号を受け警報を発します。なお、連動型には、配線によるものと無線式のものがあります。
※連動型はひとつの住宅用火災警報器が火災を感知すると、家中に設置されたすべての住宅用火災警報器が無線などで連動し、家全体に火災を知らせることができます。 

関連ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局予防課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411