更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

出先で役立つ防災用品

東日本大震災の時には、出先で被災された方も多かったのではないでしょうか。

出先でも防災用品を携帯しているといざという時大変役立ちます。

出先で防災用品?と思う方もいるのではないでしょうか。

防災用品と言っても、上着のポケットやカバンにいつも携帯しておくとよいものがあります。

携帯ラジオ

デマにまどわせられないよう正しい情報を得ることができます。

コンパクトで場所を取らないものがよいです。

携帯ラジオ

携帯電話

災害用伝言ダイヤル171、杜の都防災メール、緊急速報メールなどを活用できます。

携帯電話の画像

懐中電灯

暗がりや閉じ込められた時に効果的です。

サイレンがいっしょについているものがよいです。

お薬

常に飲んでいるものを少し準備しておくとよいです。

薬の画像

飲料水

水分補給に必要です。また薬を飲む時にも必要です。

万が一けがをした場合に、傷口を洗浄する場合にも役立ちます。

あわせて、ばんそうこやウエットティッシュがあるとよいです。

飲料水の画像

キャンディや栄養補助食品

糖分や高カロリーのものがよいです。

現金(10円玉など)

携帯電話が使用できなくなった場合、公衆電話を利用できます。

現金の画像

お問い合わせ

危機管理室減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3109

ファクス:022-214-8096