更新日:2017年9月22日

ここから本文です。

第61回 防災芋煮会はいかが?

芋煮会の季節がやってきましたね。友人と会社の仲間と予定を立てている方も多いのではないでしょうか。

今年の芋煮会は、ちょっと工夫して「防災芋煮会」をしてみませんか。楽しみながら防災を考えることができて一石二鳥です。

   芋煮                                                                                     

 

  1. 非常食防災芋煮会には、自宅で備蓄している防災グッズ(ラジオ付きライト、ラップ等)や非常食(できるだけ賞味期限が近いもの)を持っていきます。会社の仲間との芋煮会の場合は、会社で備蓄しているものを持っていくといいですね。
  2. 芋煮を作りながら、持ってきた非常食も調理します。       (・アルファ米にお湯又は水をいれて、ご飯を作る。・レトルト食品を温める。・アルファ米に芋煮の汁を入れてみる。・調理不用のものもありますね。)
  3. 芋煮と非常食の準備ができたら、食事の時間ですね!おいしい芋煮のサイドメニューとして、非常食も食べてみます。実際に食べてみると食べにくかったり、子供達は食べないかもしれません。その場合は、備蓄品を見直して食べやすいものを買い足すといいのです。友達や同僚同士でも「これはおいしい。これは調理法を変えた方がいいかも。次はこれを買おう。」などと盛り上がるのではないでしょうか。

さらに発展編

  • 芋煮会に防災グッズを持ち寄って、機能性や使いやすさを確認してみましょう。            (ラジオ付きライトやソーラー充電器、多機能ナイフ、ラップ、防寒グッズなどを使ってみる。)

  防災グッズ     防災グッズ2      防災グッズ3

  • 芋煮会会場で非常食を使ったサバメシコンテストなんていかがですか。               (仲間の意外な才能を発見できるかもしれません。)

  サバメシ

芋煮会は、普段の生活ではしないような「火おこしをする、電気を使わない、水にも限りがある」など、まさに災害時に生き抜くすべを実体験できるイベントです。

これまで防災に興味がなかった人も気軽に参加できる「防災芋煮会」を是非企画して、みんなを誘って楽しく防災対策の輪を広げていきましょう!

   家族

 

 

お問い合わせ

危機管理室減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3109

ファクス:022-214-8096