更新日:2020年9月29日

ここから本文です。

震災遺構 仙台市荒浜地区住宅基礎

設置趣旨

東日本大震災による津波の被害を受け、破壊された住宅の基礎などを保存することにより、ここにあった人々の暮らしや地域の記憶、東日本大震災の津波の脅威を伝え、防災意識を高めることを目的に、荒浜小学校に次ぐ仙台市2箇所目の震災遺構として整備・保存しています。

施設概要

津波によって浸食された地形や破壊された住宅の基礎のありのままの姿をご覧いただくため、極力手を加えない保存・活用を基本に整備しました。

遺構の敷地内には、住宅基礎の実物を見ながら津波被害の大きさを実感できるよう、津波の脅威の解説や、失われたかつての荒浜の暮らしの様子などを伝える写真や証言を掲載した説明看板を設置しています。

住宅基礎遺構の画像

住宅基礎遺構の様子

開館時間

常に公開しておりますので、いつでもご覧いただけます。

入場料は無料です。

お問い合わせ

震災遺構 仙台市立荒浜小学校 管理事務所
電話・ファクス:022-355-8517 メールアドレス:arahama@sendai311-memorial.jp

まちづくり政策局 防災環境都市・震災復興室 震災復興・メモリアル事業担当
電話:022-214-1117 ファクス:022-214-8497 メールアドレス:mac001604@city.sendai.jp

関連リンク

アクセス

所在地 〒984-0033 仙台市若林区荒浜字中丁25他

  • 公共交通機関でお越しの方
    地下鉄東西線荒井駅から仙台市営バス 震災遺構仙台市立荒浜小学校行き終点下車後、徒歩約5分
  • 車でお越しの方
    仙台東部道路「仙台東IC」から約10分 敷地内に駐車場有り(大型バス駐車可)

 

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-1117

ファクス:022-214-8497