更新日:2017年10月4日

ここから本文です。

消費生活パートナーとは

消費生活センターと地域の消費者の方々をつなぐ「パイプ役」として、消費生活に役立つ情報を届けたり、消費者トラブルで悩んでいる方を相談窓口に繋いだり、センターと連携して消費者啓発を行うボランティアです。現在48名の方が消費生活パートナーとして活動しています。

活動内容

各自のライフスタイルに合わせて、「見守る」「学ぶ」「伝える」の3つの活動を行います。

「見守る」

  • 地域の高齢者等が消費者被害にあわないように見守りを行う
  • 被害にあっていると思われる方がいた場合は、センターに相談するようアドバイスする

「学ぶ」

  • センターの教材や出前講座等を利用し、消費者問題について理解を深める
  • センターで開催する講座やイベントに参加・協力する

「伝える」

  • センターから提供される消費生活の情報を身近な方に伝える
  • 身近な方からの消費者トラブル情報やニーズ等をセンターに情報提供する

参加方法

消費生活パートナーの要件

  1. 仙台市在住または市内に在勤、在学の方
  2. 消費者問題に興味・関心のある方
  3. 消費者被害防止などの啓発活動に熱意のある方
  4. 市が実施する養成講座を受講できる方

申し込み方法

  • 年1回(6月)に消費生活パートナーの募集を行います。
  • 募集については市政だより等でお知らせします。
  • 消費生活パートナー養成講座(2日間)の受講が必要です。

※平成29年度の募集は終了いたしました。

任期

養成講座終了後から平成30年3月31日まで(更新可能)

その他

交通費等、パートナー活動に要する経費は、原則ご自身で負担していただくことになります。

活動報告書

消費生活パートナーとして活動していただいた際は、可能な範囲でその内容をお知らせください。消費生活パートナーの活動紹介としてホームページや広報誌などに掲載させていただきます。

提出方法

センターへ直接持込、郵送、ファクス、Eメールのいずれかの方法でお願いします。

  • 送付先住所  〒980-8555 仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル5階
  • ファクス番号 022-268-8309
  • Eメール   sim004140@city.sendai.jp

報告書様式

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局消費生活センター

仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(三越定禅寺通り館)5階

電話番号:022-268-7040

ファクス:022-268-8309