現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 消費生活 > 消費者市民社会・市民協働 > 令和2年度消費生活パートナーフォローアップ講座を開催しました

更新日:2020年10月1日

ここから本文です。

令和2年度消費生活パートナーフォローアップ講座を開催しました

令和2年9月15日(火曜日)に消費生活パートナーの皆さんを対象とした「消費生活パートナーフォローアップ講座」を開催しました。
今回は、消費者トラブルの最新の傾向について紹介したあと、弁護士による講座と情報交換会を行いました。

日時 令和2年9月15日(火曜日)13時から16時まで
場所 エル・パーク仙台 セミナー室                               

講座「消費生活センターの相談状況 ー手口を知って、被害を防ごうー」

講師:消費生活センター相談員
内容:今年度に入ってから消費生活センターに寄せられている相談の概要を説明し、具体的な事例と対処方法を紹介しました。                                                    (マスクの送りつけや「海外から種子が届いた」など)

 

講座「消費者トラブルの法的救済について」

講師:弁護士 髙橋 大輔氏(消費者市民ネットとうほく)
内容:民法改正、消費者を守る法律についてポイントを解説してもらい、実際に消費者トラブルにあったとき、法的にはどのように解決を図るかを学びました。

消費生活パートナーフォローアップ講座

情報交換会

 「これまで活動してきたこと・これから活動したいこと」について、2つのグループに分かれて参加者同士で意見交換を行いました。
これまでの活動については、「町内会を通じて近隣の方々に注意喚起のチラシを配っている」「クラブ活動の仲間に消費者トラブルの注意点を伝えている」などの報告がありました。今後の活動については、「『くらしのセミナー』にパートナーも参加し、劇などを見せてもいいのではないか」「消費生活パートナーそのものの認知度を上げることが大切だと思う」といった提案や意見が出ました。

 

お問い合わせ

◆消費生活相談ダイヤル 022-268-7867(なやむな)

このページに関するお問い合わせ
仙台市消費生活センター
電話番号:022-268-7040 ファクス:022-268-8309