更新日:2017年4月18日

ここから本文です。

鳥インフルエンザ情報

仙台市では、鳥インフルエンザ情報について、このページで随時お知らせいたします。

※現在、仙台市内では、鳥インフルエンザにり患した野鳥・家きんは発見されておりません。
宮城県栗原市の養鶏場で3月23日に発生した高病原性鳥インフルエンザについて、宮城県は、殺処分等の防疫措置の完了後、新たな鳥インフルエンザの発生がなかったことから、4月18日にすべての防疫対応を終了しました。詳しくは宮城県ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。
本市では危機対策本部を設置し情報収集にあたっておりましたが、4月18日に情報連絡体制の強化に変更しました。
※原因不明で複数の鳥が死んでいる場合には、素手で触ったり、土に埋めたりせずに、下記相談窓口へご相談ください。
※鶏の異常死の増加など、家きんの鳥インフルエンザが疑われる場合は、仙台家畜保健衛生所(Tel:022-257-0921)にご連絡ください。

鳥インフルエンザとは

  • 鳥類がインフルエンザウイルスに感染して起こる病気を「鳥インフルエンザ」といい、発病する鳥類は家きん(ニワトリ、アヒル等)が主で、野鳥(カラス、ドバト等)での発病はまれです。
  • 家きんに対し致死率が高い強毒型のものを「高病原性鳥インフルエンザ」といい、家畜伝染病予防法の法定伝染病に指定されています。詳しくは宮城県HP「高病原性鳥インフルエンザとは?(外部サイトへリンク)」をご覧ください。
  • 一般的に、高病原性鳥インフルエンザウイルスは人に感染しません。しかし、ウイルスを排泄している家きんと直接的に接触して大量のウイルスに暴露した場合、まれに人にも感染する可能性があることが知られています。
  • 「高病原性」とは鶏に対する病原性を指標にしており、人に対する病原性とは全く関係がありません。

鳥インフルエンザに感染しないためには

日常生活においては、人への感染について過度に心配する必要はありませんが、衰弱又は死亡した鳥類やその排泄物には直接触れないようにしましょう。

野鳥からの感染防止

野生の鳥は、インフルエンザウイルス以外にも人に病気を起こす病原体を持っている可能性があります。日頃からつぎのことに注意しましょう。

  • 衰弱又は死亡した野鳥又はその排泄物を見つけた場合は、直接触れないこと。もしも触れた場合には、速やかに手洗いをすること(正しい手洗いの方法について)。
  • 特に、子供は興味から野鳥に近づくおそれがありますので注意しましょう。

海外での感染防止

特に、鳥インフルエンザが流行している地域に行かれる方は注意が必要です。

  • 不用意に鳥類に近寄ったり触れたりしない。
    (特に、家きんが飼育されている場所、生きた鳥を販売している場所や食用に鳥を解体している場所には立ち入らない)
  • 鳥の解体や調理をしない。もしも鳥を扱った場合には必ずよく手を洗う。
  • 十分に加熱された鳥肉、卵などを食べる。

※日本に入国する際、発熱や咳など体調に異状がみられたら、検疫所の健康相談室に申し出てください。

その他

※ウイルスに感染した鶏肉や鶏卵が流通することはなく、また適正に加熱調理された鶏肉や鶏卵を食べることによって人が感染することはありません。ウイルスは加熱(WHOの食中毒防止のための加熱条件:中心部70℃、瞬間)により完全に死滅します。
※「愛玩鳥(ペット)を飼育している方へ」も併せてご覧ください。
※「安全性が高く効果的な消毒方法」も併せてご覧ください。
※「鳥インフルエンザ情報/鶏卵や鶏肉の安全性について」も併せてご覧ください。

相談窓口一覧

1 仙台市の相談窓口

相談窓口一覧
機関名 電話番号 相談内容
青葉区役所 (代)022-225-7211 死亡野鳥等に関すること・人の健康に関すること・鶏卵や鶏肉に関すること
宮城野区役所 (代)022-291-2111 死亡野鳥等に関すること・人の健康に関すること・鶏卵や鶏肉に関すること
若林区役所 (代)022-282-1111 死亡野鳥等に関すること・人の健康に関すること・鶏卵や鶏肉に関すること
太白区役所 (代)022-247-1111 死亡野鳥等に関すること・人の健康に関すること・鶏卵や鶏肉に関すること
泉区役所 (代)022-372-3111 死亡野鳥等に関すること・人の健康に関すること・鶏卵や鶏肉に関すること
宮城総合支所 (代)022-392-2111 死亡野鳥等に関すること
秋保総合支所 (代)022-399-2111 死亡野鳥等に関すること
動物管理センター (代)022-258-1626 ペットの鳥に関すること
農業振興課 022-214-8335 家畜(養鶏場等)に関すること
中小企業支援センター 022-724-1122 中小企業の経営相談、融資相談等

[参考]平常時の死亡した野鳥等の引き取りは、仙台市ペット斎場(022-373-7469)にご相談ください。

2 宮城県の相談窓口

(1) 家畜保健衛生所

家畜伝染病予防法に関すること(鳥インフルエンザの防疫対策を含む。)は、宮城県が所管しています。鶏の異常死の増加など、高病原性鳥インフルエンザが疑われる場合は、最寄りの家畜保健衛生所に至急連絡してください。なお、仙台市を管轄する家畜保健衛生所は、仙台家畜保健衛生所(Tel:022-257-0921)となります。

(2) その他の窓口

宮城県の「鳥インフルエンザに関する相談窓口(外部サイトへリンク)」のページをご覧ください。

関連サイト

お問い合わせ

危機管理室危機管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8519

ファクス:022-214-8096

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915