現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2016年度(平成28年度) > 8月 > 東北初のクラウドファンディング支援事業を行います(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

東北初のクラウドファンディング支援事業を行います(発表内容)

平成28年8月3日

クラウドファンディングを活用した中小企業の資金調達の支援事業を開始しますので、お知らせします。

クラウドファンディングは、インターネットを利用して事業の内容を公開し、事業のコンセプトなどに共鳴してくださった個人の方から、少額の出資を広く募る仕組みです。事業が小規模であることや、実績が少ないことなどにより、金融機関の融資を受けにくい中小企業の、新たな資金調達の選択肢として、全国的に活用が広がっています。

地域経済を支える中小企業の活性化は、地方創生において欠かせない視点であり、本市の中小企業活性化会議でも、その積極的な支援についてご議論をいただいています。こうしたことから、中小企業の皆さまの新規事業の展開や新分野への進出を後押しするため、クラウドファンディング運営サイトを利用して資金調達を行う事業を募集し、支援することとしたものです。

応募のため必要となる審査手数料等は市が負担するほか、採択された事業については、ホームページ作成などにかかる経費も本市が支援します。また、地域の金融機関や産業支援機関と連携して、クラウドファンディングに適した魅力ある事業の発掘や、基礎から実践まで学ぶことのできるセミナーを開催し、事業者の皆さまのチャレンジをサポートしてまいります。クラウドファンディング運営サイトの利用にかかる費用の負担にまで踏み込んだ支援は、東北の自治体では初めてだと思っています。

中小企業の皆さまには、ぜひこの支援事業にご参加いただき、全国からの多くのファンの獲得や、仙台・宮城発の新たなブランドの創出につながることを期待しています。また、市民の皆さまにも、共感できるプロジェクトを探していただき、地元の企業を応援していただければ嬉しく思います。

仙台市長 奥山恵美子