現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2019年度(令和元年度)一覧 > 3月 > 新型コロナウイルス感染症に対応した緊急経済対策を実施します(発表内容)

更新日:2020年3月18日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に対応した緊急経済対策を実施します(発表内容)

令和2年3月17日

 

新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受けまして、本市としての緊急の経済対策を取りまとめましたので、お知らせをいたします。

今、世界経済全体が大きな打撃を受けておりまして、地域経済の先行きにも深刻な影を落としております。本市が3月3日から6日にかけて行いました地域企業およそ400社への緊急ヒアリング調査では、7割を超える企業から「影響を受けている」との回答がございました。中でも宿泊業、旅行業、旅客業、飲食サービス業などにおいて、大幅な売り上げ減少に直面していることが明らかになったところであります。

こうしたことから、緊急調査で寄せられました市への支援要望を踏まえまして、地域経済への影響を最小限に抑えるために、緊急対策として4つの対応策を実施いたします。

まず1点目でありますが、資金繰り支援であります。既に本市独自の支援策として、セーフティネット関連融資に関する信用保証料の全額補助や融資条件の緩和を実施しておりますが、新たに危機関連保証融資についても補助の対象に加えます。

2点目、支援施策に関する情報提供についてであります。国や県が打ち出すさまざまな支援策について分かりやすい情報提供を求める声が多数寄せられましたことから、開設中の特別相談窓口に加えまして、業界団体等を対象とした出前説明会を実施いたします。

3点目、宿泊・観光・飲食業等への対応です。ご承知のとおり、これらの分野は特に大きな影響が生じているところです。飲食店やホテルなどが実施するお持ち帰り、また出前サービス、これらのPR事業や、本市の広報媒体を活用した情報発信支援などを行います。

最後に、企業の人材確保と新規大卒者等の就活支援についてであります。新規大卒者等を対象といたしました合同説明会が中止になるなど、この現状を踏まえまして、ウェブなどを活用した企業の採用や、新規大卒者等の就職活動を支援いたします。

これらの対応策につきましては、準備が整ったものから順次実施するとともに、今後とも企業の皆さまの状況を聞かせていただきながら、必要な追加支援について検討してまいりたいと考えています。

また経済・観光以外の分野についてでありますが、先日、国から出されました第2弾の緊急対応策を踏まえ、速やかに本市としての対応を取りまとめ実行に移すなど、新型コロナウイルス感染症対策全般に、引き続き全力を挙げて取り組んでまいります。


仙台市長 郡 和子