現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2019年度(令和元年度)一覧 > 3月 > 新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(発表内容)

更新日:2020年4月1日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(発表内容)

令和2年3月31日

 

仙台市におきまして、新たに新型コロナウイルス感染症の感染患者が1名確認されましたので、お知らせをいたします。

患者の方ですが、仙台市在住の40代男性、日本国籍の方です。3月22日から発熱や全身の倦怠感、関節痛などの症状が続き、3月30日に医療機関を受診しています。この日に当該医療機関から帰国者・接触者相談センターに相談がありまして、帰国者・接触者外来を受診。そして検査の結果、本日午後1時30分頃、陽性が確認されました。本日、仙台市内の感染症指定医療機関に入院をいたしましたが、状態は落ち着いていて重篤な状況ではないとのことです。

この方の発症後の行動歴でありますが、現在のところ3月22日から25日まで札幌市に滞在していたことが判明しております。移動は航空機と電車を利用されたと聞いております。26日以降は仕事を休まれていたとのことです。これ以上の詳細はまだ聞き取りができておりません。今後、保健所において積極的疫学調査を行いまして、詳しい行動歴を調査し濃厚接触者を把握してまいりたいと思います。

今回は特に発症後に公共交通機関を利用されておられますので、その詳細についてさらに具体的にお知らせをする必要があるのではないかと考えております。調査が始まったばかりでありまして、お伝えできることが少なく大変申し訳ありませんが、不安をお持ちの方がいらっしゃればコールセンターにご相談をいただきたいと、このように思います。

ここ数日、県内で相次いで感染が確認され、クラスターの発生が疑われるような事案もありまして、状況は厳しさを増しております。皆さまの行動を変えていただくことが、何よりも感染の広がりを抑える鍵になるわけです。繰り返しになりますけれども、ぜひ手洗い、咳エチケット、そして基本的な感染症対策の徹底はもとより、発熱や風邪症状のある場合には不要不急の外出を避けていただきますようお願いをいたします。それから、換気が悪く人が密に集まって過ごすような場所に集団で集まるということを避けていただくこと、このことを改めてお願いをいたします。


仙台市長 郡 和子