更新日:2022年4月4日

ここから本文です。

発表項目以外の質疑応答(令和4年4月1日)

令和4年4月1日

4病院再編について

Q1

4病院再編の県への意見書についてお伺いしたいのですけれども、昨日県に提出されたということで、最後まで骨子案からまた追加があったみたいなのですけれども、改めてこれから県に要望していきたいこと、こういうことを求めているということを市長からお伺いできますでしょうか。

A1

改めて昨日県にお渡しした新たな本市の考えということについてのご質問でよろしいでしょうか。この間4回、(仙台市の医療提供体制に関する)懇話会で専門家の皆さま方にさまざまご意見をいただきました。それらも含めて新たに(内容の)追加をして、県に昨日事務的にでしたけれども提出をさせていただきました。今回の再編の対象となったそれぞれの病院というのは、経営の問題ですとか施設の老朽化の問題などを抱えているということ、これは認識をしておりますし、そしてまた懇話会の中でもこれからの状況を考えれば慢性期の病床をどういうふうにしていくのか、回復期の病床をどういうふうにしていくのかなどなどさまざまある中で、再編ということについてはあり得るものであろうというご意見もいただき私もそのようにも理解いたします。一方で本市の人口のピークというのはまだこれから先だということもあります。高齢化がさらに進んでいく中で、医療需要というものは大きくなるというふうに認識をしております。そういう中で県がおっしゃることの妥当性あるいはその背景にどういうようなデータをお持ちになってそのようなご判断に至ったのかということについてはさまざま疑問が残るわけでして、それについて丁寧にやはり納得のいくように説明をしてもらいたいということはさらに強く申し上げたところです。それからもう一つ、先進医療についてもさまざまご意見いただきましたけれども大変大きな問題であろうなというふうに認識しておりまして、そのことも書き加えさせていただきました。いずれにいたしましても、住民の皆さんたちの納得というのが得られるような説明をぜひしていただきたい。県も今年度いろいろと調査されるということですから、逐次その情報については開示をいただきたいということも書き加えさせていただいたところです。

 

市立小学校における不適切な指導について

Q2

昨日市議会議員から教育委員会に小学校で不適切な指導があったということについて検証してほしいという要望書が提出されていたのですけれども、小学校でこういった教員の不適切な指導があったという事実について保護者の方とかは早期な対応を求めていたみたいなのですけれども、これについてどのように教育委員会や学校が対応すれば早く解決すると思っているかどうかちょっとお伺いしたいのですが。

A2

まずその前に、この事案について私のところに上がってきたのは教育委員会から昨日報告を受けたところでして、これは教育委員会としてはこの事案についてもう少し正確な情報をしっかり集めてそれを把握した上でというふうな気持ちもあったということだったのですけれども、もっともっと早い段階で上がってしかるべき事案だというふうに感じたところでございます。私といたしましても、教育委員会には、保護者の皆さまはじめさまざま外部の方々もいらっしゃるわけで開かれた学校と言っているわけですから、皆さま方の気持ちに沿うような対応を早期にしてもらいたいということを申し上げたところです。今どういうような状況になっているのか、保護者の方々がどういうような要望をされたのかというのは私自身は詳しくは存じ上げませんので、それについては教育委員会に確認をしていただきたいと思います。ただ大変残念なことだと思います。子どもたちを適切に指導して、伸びやかに健やかに育つために教育の場で先生方が努力をされている。多くの先生方がそうだというふうには思いませんけれども、いま一度、教職員の方々にも、襟を正ししっかりと対応できるようにしていただきたいというふうに思います。

 

Q3

先日も小学校の男児がいじめに遭ったとされる問題でちょっと対応の遅れというのがありました。今回も保護者から要望があってそれで初めて市長に報告が上がっていると。何か全部後手後手に回っているなという印象があるのですけれども、それについては市長としてどのようにこの報告体制について思われるかお伺いしたいのですが。

A3

本当に私自身、このところこういったような事案が続いておりますこと、大変遺憾でございますし、そしてまた学校にお子さんを通わせている皆さま方に大変申し訳なく思います。教育委員会の対応、学校の対応、それぞれ課題があるのだろうと思います。先ほどのいじめに関するところについては学校が設ける検証委員会でさまざま検証、いろいろな事情を検証していくことになるのだろうと思いますが、そもそものところで教職とはいかにあるべきかという、研修ということも含めて徹底していかなくちゃいけませんし、そして早めに報告を上げなくちゃいけない、対応しなくちゃいけないということについての感度を上げてもらうということは重要なのだというふうに思っております。私もそのことについては教育委員会にお話をさせていただいたところです。

 

仙台市長 郡 和子