更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

復旧・復興への歩み -皆さまの支援を力に、復興を加速- (平成23年7月)

国内外から寄せられ続けている皆さまの温かい支援の数々。

私たちは、こうした支援を力に、ふるさと「杜の都・仙台」を取り戻し、今まで以上に、安全・安心で希望に満ちた仙台の街を作り上げていくため、ともに前へ歩んでいきます。

6月<< 7月 >>8月

平成23年7月22日(金曜)

 進むがれきの撤去・処理

がれきの処理1

津波被害が大きかった東部地域では、がれきの撤去が着々と進み、宅地内の撤去がほぼ終了し、現在は農地内の撤去にとりかかっています(撤去率48%)。がれき搬入場には、続々と地元事業者のトラックが集まってきて、木材、金属、コンクリートなどに整然と分別されていきます。9月からは、仮設焼却炉で可燃物の焼却も始まります。

仙台市では、今年度内にがれきの撤去を完了することを目指しています。(上の写真は若林区井土地区のがれき搬入場)

がれきの処理2 がれきの処理3

<津波でなぎ倒された防潮林と田畑を埋め尽くしたがれきの山/3月17日撮影>

平成23年7月16日(土曜)~7月17日(日曜)

 東北六魂祭開催

東北六魂祭 ねぶた

「東北六魂祭(ろっこんさい)」が、定禅寺通などを会場に36万人の観客を集めて開催されました。

東日本大震災からの復興を誓う狼煙を上げるため、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつりの東北6県の県庁所在地の夏祭りが、初めて一堂に会したものです。

東北六魂祭 秋田竿燈まつり

〈秋田竿燈まつり〉

東北六魂祭 山形花笠まつり

〈山形花笠まつり〉

平成23年7月11日(月曜)

 東日本大震災 仙台市慰霊祭

東日本大震災 仙台市慰霊祭1

東日本大震災の発生からちょうど4カ月となるこの日、東日本大震災仙台市慰霊祭がしめやかに執り行われました。

会場となった仙台国際センターには約1,200名の参列者が訪れ、尊い犠牲となられた700余名の御霊に祈りを捧げ、復興への誓いを新たにしました。

東日本大震災 慰霊祭2 東日本大震災 慰霊祭3

6月<< 7月 >>8月

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921