更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

身体障害者手帳の交付を希望する方の手続き

市民の方へ

申請窓口交付申請に必要なもの身体障害者手帳の申請から交付まで【参考】申請から交付の流れ

申請窓口

申請窓口は、お住まいの区の区役所障害高齢課です。

窓口

電話番号

ファクス番号

青葉区役所 障害高齢課

022-225-7211(代表)

022-225-7721

宮城野区役所 障害高齢課

022-291-2111(代表)

022-298-0717

若林区役所 障害高齢課

022-282-1111(代表)

022-282-1280

太白区役所 障害高齢課

022-247-1111(代表)

022-247-3824

泉区役所 障害高齢課

022-372-3111(代表)

022-372-8005

交付申請に必要なもの

【1】申請書

用紙は申請窓口にあります。

【2】個人番号カード等

身体障害者手帳はマイナンバーの利用対象制度ですので、申請書に個人番号の記載が必要です。
詳しくは、個人番号カード等のページをご覧ください。

【3】指定の様式に、指定医師が作成した診断書(これ以外のものは受付できません)

注意平成28年4月から呼吸器機能障害と肝臓機能障害の診断書用紙が変わりました

  • 診断書用紙(「身体障害者診断書・意見書」)は、障害別に指定されており、申請窓口にあります。下記からもダウンロードできます。
  • 診断書は身体障害者福祉法による指定を受けた医師が作成したものに限ります。診断書を書いてもらう前に、申請窓口(区役所障害高齢課)や各医療機関等で、身体障害者福祉法第15条第1項による指定を受けた医師かどうかの確認をお願いします。
    なお、指定医師の一覧はホームページに掲載しておりません。お手数ですが電話等で申請窓口または障害者総合支援センターにお問い合わせください。
  • 診断書作成は有料となります。料金は医療機関にご確認ください。

診断書用紙

障害の種類

診断書用紙ダウンロード(PDF)

視覚障害(注1)

(PDF:141KB)

聴覚・平衡機能障害
音声・言語・そしゃく機能障害(注2)

(PDF:391KB)

(そしゃく機能障害の場合の歯科医師の診断書)(注3)

(PDF:40KB)

肢体不自由(一般用)

(PDF:86KB)

肢体不自由(脳原性運動機能障害用)(注4)

(PDF:27KB)

心臓機能障害

18歳以上

(PDF:188KB)

18歳未満

(PDF:19KB)

じん臓機能障害

(PDF:20KB)

呼吸器機能障害(注5)
(※)平成28年4月から用紙が変更になりました

(PDF:196KB)
添付資料「指定医師の皆様へ」(PDF:41KB)

ぼうこう又は直腸機能障害

(PDF:204KB)

小腸機能障害

(PDF:28KB)

免疫機能障害

13歳以上

(PDF:197KB)

13歳未満

(PDF:196KB)

肝臓機能障害(注6)
(※)平成28年4月から用紙が変更になりました

(PDF:350KB)
添付資料「指定医師の皆様へ」(PDF:44KB)

(注1)平成28年4月より、視覚障害の診断書用紙を修正しました。

(注2)平成27年6月より、聴覚・平衡・音声・言語・そしゃく機能障害の診断書用紙を修正しました。

(注3)そしゃく機能障害の「歯科医師の診断書」は、口唇・口蓋裂後遺症等の歯科矯正治療の適応の判断を要する場合に提出してください。詳しくは担当医とご相談下さい。

(注4)脳原性運動機能障害とは、乳・幼児期以前に発生した脳性麻痺等の非進行性の脳病変によって起こる障害を指します。詳しくは担当医とご相談下さい。(脳梗塞、脳出血などの脳血管障害の場合は、一般用診断書を使用してください。)

(注5)認定要領の改正に伴い、診断書用紙が変更になりました。医療機関で診断書を作成してもらう場合は、新しい診断書用紙と一緒に添付資料「指定医師の皆様へ」も渡してください。

(注6)認定基準等の改正に伴い、診断書用紙が変更になりました。医療機関で診断書を作成してもらう場合は、新しい診断書用紙と一緒に添付資料「指定医師の皆様へ」も渡してください。

【4】顔写真2枚

同一のもので、次の条件をみたしているものが必要です。

  • 大きさは縦4cm×横3cm
  • 無帽、上半身(胸から上)、正面から撮影したもので、一年以内に撮影したもの。

(※)はっきりと本人識別ができないもの、普通紙に印刷したものなど、証明写真として適さないものは不可。(デジタルカメラで撮影したものは写真用紙に印刷したものに限り可ですが、画像が粗いものなどは不可)

身体障害者手帳の申請から交付まで

【1】交付までの期間

身体障害者手帳の診断書の審査・認定は仙台市障害者総合支援センターで行っており、申請から交付までの期間は通常およそ1か月です。ただし、診断書の内容に疑義がある場合は、診断医師に対してその内容について文書で照会を行うことがあります。このため、決定まで時間を要することがあるほか、医療機関で追加の検査等が必要になる場合があります。また、身体障害の認定基準に該当しないと思われる場合などは、仙台市社会福祉審議会に諮問して審査することとなるため、決定までにさらに時間を要することがあります。

【2】手帳の受け取りについて

区役所障害高齢課から手帳の交付についての通知が届きましたら、区役所で手帳を受け取ってください。なお、審査の結果、身体障害者の認定基準に該当しないと判断された場合は却下となり、却下通知が送付されます。

【3】障害等級の決定について

診断書に記入されている障害等級は、診断医の参考意見ですので、認定等級とは異なる場合があります。

【参考】申請から交付の流れ

申請から交付までの流れ図

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局障害者総合支援センター

仙台市泉区泉中央2-24-1

電話番号:022-771-6511

ファクス:022-371-7313