現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 教育 > 仙台市教育委員会トップページ > 各種手続き・相談 > 各種申請・手続き > 外国からのお子さんの仮入学(体験入学)を希望する保護者の皆様へ

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

外国からのお子さんの仮入学(体験入学)を希望する保護者の皆様へ

夏休みや冬休み等に、外国から一時帰国する児童生徒や、一時的に来日した外国籍の児童生徒が、日本の学校生活の体験を希望する場合は、現在在籍している児童生徒の教育に支障が生じない限り、仮入学(体験入学)として受け入れを行っております。
仮入学を希望する場合は、事前に滞在先の住所の学区の小学校及び中学校に、お子さんの受け入れが可能かどうかご相談ください。お子さんの受け入れについて、学校が了承した場合は、帰国後に仙台市教育委員会学事課にて以下の手続きが必要となります。
なお、滞在先の住所の学区の学校は、仙台市教育委員会のホームページの「学校教育関連情報」中、「市立小・中学校学区検索」から検索できます。

手続きに必要な書類

  • 仮入学するお子さん及び保護者のパスポート(帰国日の押印のあるもの)
  • 滞在先を証明する書類

※例えば、滞在先が保護者の方の実家の場合は、滞在先の世帯主等から「居住証明書」を記入してもらい、提出することとなります。「居住証明書」の様式は、仙台市教育委員会のホームページの「各種手続き」中、「指定学校変更の申請」のページから印刷が可能ですので、ご利用ください。

手続きの流れ

  1. 帰国後、手続きに必要な書類をそろえて、学事課にて「仮入学申請書」により申請を行います。
    ※仙台市教育員会学事課の問い合わせ先等については、以下をご覧ください。
  2. 学事課で書類と学校へ受け入れの可否を確認後、保護者宛の「仮入学の許可について(通知)」と受け入れ学校宛の「仮入学許可通知書」を発行します。
  3. 保護者は、受け入れ学校宛の「仮入学許可通知書」を学校に持参し、仮入学の手続きを行います。

注意事項

  • 仮入学の希望を学校にご相談いただく際は、お子さんの健康状況(食物アレルギーの有無や服薬治療中の有無等)及び日本語の習得状況を学校にお伝えください。
  • 就学する学年は年齢相当の学年となります。また、仮入学期間は2ケ月間が限度となります。
  • 教科書代、給食費、物品代等は全額保護者負担となります。
  • 学校生活及び通学の安全については、保護者が責任を負うこととなります。

お問い合わせ

教育局学事課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎11階

電話番号:022-214-8860

ファクス:022-264-4428