更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

お知らせ

1.消費者の皆様へ

豚肉(内臓含む)の生食禁止

  • 平成27年6月12日から、食品衛生法に基づき、豚の食肉の生食用としての販売・提供が禁止になりました。
  • 豚のお肉や内臓を生で食べると、E型肝炎ウイルスや食中毒菌による重い食中毒が発生する危険があります。
  • 豚のお肉やレバーなどの内臓は生で食べず、中心部まで十分に加熱して食べましょう。

豚のお肉や内臓を生食するのは、やめましょう(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

牛レバーの生食禁止

  • 平成24年7月1日から、食品衛生法に基づき、牛レバーの生食用としての販売・提供が禁止になりました。
  • 牛レバーを生で食べると、腸管出血性大腸菌による重い食中毒が発生する危険があります。
  • 牛レバーは生で食べず、中心部まで十分に加熱して食べましょう。

牛レバーを生食するのは、やめましょう(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

生食用牛肉の規格基準について

  • 平成23年10月1日から、食品衛生法に基づき、生食用牛肉の規格基準が設定され、基準を満たさない牛肉は
    生食用として販売・提供が禁止になりました。
  • しかし、基準を満たしていても完全に腸管出血性大腸菌を除去することは難しいので、子供や高齢者など抵抗力の弱い方は、お肉の生食を控えて下さい。

生食用食肉(牛肉)の規格基準について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局食肉衛生検査所

仙台市宮城野区扇町6-3-6

電話番号:022-258-6906

ファクス:022-258-6071