現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 契約・入札 > 契約・入札制度について > 入札・契約制度の見直しの概要(令和2年3月~)

更新日:2021年3月31日

ここから本文です。

入札・契約制度の見直しの概要(令和2年3月~)

仙台市と既に契約を締結した工事請負契約案件のうち、契約書に特例監理技術者及び監理技術者補佐に係る条項がない場合において、特例監理技術者及び監理技術者補佐の設置を希望する場合は、「特例監理技術者及び監理技術者補佐の設置に係る申入書」の提出と契約変更が必要となります。

また、契約書に特例監理技術者及び監理技術者補佐に係る条項がある場合は、同申入書の提出は必要ありません。詳細については、以下の関連ファイルによりご確認ください。

申入書については、こちらよりダウンロードしてください。(申請書・届出書様式のダウンロードサービスへ移動します。)

仙台市発注工事における主任技術者、監理技術者等の兼務制度を改正します。詳細は、以下の関連ファイルをご覧ください。

建築設計業務委託における電子入札の試行を実施いたします。詳細は、以下の関連ファイルをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、入札・契約手続きの取扱いを臨時的に変更しております。詳細は、以下の関連ファイルをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、仙台市発注の契約について、当分の間、締結までの期間を「落札通知から10営業日以内」とする取扱いとします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

財政局契約課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎1階

電話番号:022-214-8147

ファクス:022-214-8110