現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 経済・産業 > 中小企業支援 > 新事業を展開したい > 仙台未来創造企業創出プログラム

更新日:2019年7月5日

ここから本文です。

仙台未来創造企業創出プログラム

お知らせ

 

仙台未来創造企業創出プログラムについて

事業の概要

本事業は、各支援機関や協力企業の連携のもと、概ね5年以内に株式上場の実現可能性のある地元中小企業を「仙台未来創造企業」として認定し、上場実現に向けて集中的な支援を行うことにより、地域における雇用や取引の創出、域外資本の獲得を通して地域経済を活性化することを目的としています。

詳細については「仙台未来創造企業創出プログラム」参加企業募集のお知らせ(PDF:961KB)をご覧ください。

事業の内容

認定された企業には、以下の支援を実施します。

  1. 市による認定(認定証の交付)、オリジナルロゴの使用
  2. 上場コンサルタント等による進捗管理及び助言・相談
  3. 情報発信・PR
  4. 中核人材の確保・育成に関する助言、人材会社の紹介
  5. 仙台市経済施策での優遇
  6. 企業の課題やニーズに応じた支援機関等の紹介
  7. 認定企業のコミュニティ形成に向けたセミナー等の開催

支援体制

本事業は、七十七銀行、東北大学、東京証券取引所による三者連携とのパートナーシップに加え、様々な協力企業・機関と連携してプログラムを実施します。

仙台市と本事業の事務局である株式会社タスク、プロジェクトパートナー、協力企業・機関が連携し認定企業へ集中支援

プロジェクト・パートナー

株式会社七十七銀行 東北大学 株式会社東京証券取引所

協力企業・機関(6月11日現在)

エンスペース 株式会社河北新報社 株式会社仙台銀行

中小企業基盤整備機構東北本部 東北経済産業局 東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社

トップチャレンジ株式会社 みやぎ産業振興機構 ヒューレックス株式会社

リージョンズ株式会社

ロゴマーク

仙台未来創造企業のロゴマークを作成しました。認定された企業がPRのために利用できます。

仙台未来創造企業

1つ1つの企業が、力強く成長していけるように

本事業に選定される企業を「三角形」に見立てています。
三角形は図形の中で1番強度が高く、上に向かっているように見えるので、「力強さ」と「成長性」を持ち合わせています。

力を合わせ、結束する

三角形をつなぎ合わせてできる「トラス構造」という、橋やドームの建築などによく利用される強度の高い構造形式を使って、「力を合わせる」「結束する」という意味を持たせています。

未来への入り口を切り開く

未来の仙台が若者や街の人たちにとって魅力的な街となり、たくさんの人が集まるように、そのための「入り口」をつくるという意味で、真ん中をアーチに見立てています。
大きくカットしているようにも見えるので、「開拓」「切り開く」という意味も持たせています。

希望に満ちた、新しい風を吹かせる

カラーは「希望」を連想させる「黄色」、「新しい風」を意味する「水色」「青」で構成しています。

デザイナー

太田サヤカ

太田 サヤカ

IT系の会社でロゴ/キャラクター/アプリ/webのデザイン・設計の仕事を経て、"人に寄り添うデザイン"をモットーに「LittlePartner」の屋号で独立。
日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。

LittlePartnerホームページ(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局経済企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8275

ファクス:022-267-6292