現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 契約・入札 > 技術管理 > 要綱・要領など > 建設副産物関連 > 再生資源利用(促進)計画書及び実施書の提出について

更新日:2021年5月14日

ここから本文です。

再生資源利用(促進)計画書及び実施書の提出について

再生資源利用(促進)計画書及び実施書の提出について

「建設リサイクルデータ統合システム(CREDAS)」は、平成30年3月31日をもって廃止されました。

本市発注工事の「再生資源利用(促進)計画書」及び「再生資源利用(促進)実施書」の作成等につきましては、下記のとおりといたします。

1.令和2年度以降の発注工事

一般財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)建設副産物情報センターが提供する『建設副産物情報交換システム(以下、「COBRIS」という。)』(外部サイトへリンク)での入力とし、印刷したものと「工事登録証明書」を提出してください。(電子データの提出は不要)

なお、COBRISの利用に要する費用は、諸経費に含まれています。

※COBRISにおいて、工事情報を登録した際に印刷可能な証明書

2.令和元年度以前の発注工事

国土交通省ホームページの建設リサイクル報告様式のページ(外部サイトへリンク)に掲載された様式を使用して作成し、ご提出ください。

なお、工事完成が令和2年4月1日以降になる場合につきましては、可能な限り上記1に示すCOBRISを利用していただきますよう、監督員と協議をお願いいたします。

お問い合わせ

都市整備局技術管理室

仙台市青葉区二日町12-34二日町第五仮庁舎12階

電話番号:022-214-8290

ファクス:022-268-2983