更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

外来生物

外来生物ってなんだろう

外来生物(外来種)とは、もともとその地域にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のことです。
学校や公園、道ばたなどでよく見かけるタンポポはどこから来たのか知っていますか。もともと仙台にはエゾタンポポという在来生物が生育していましたが、いつのまにか西洋から持ち込まれたセイヨウタンポポが街中や住宅地で増えていました。
また、このタンポポなどの花に蜜を吸いにくるハチの仲間にセイヨウミツバチという種類がいますが、このハチもその名の通り外国から養蜂のため入れられたものです。このハチの影響で、日本にはもともと棲んでいるニホンミツバチが少なくなったと言われています。
このように外国や日本の他の地域から入って来た生物のなかには、私たちの身のまわりにもともといた生物たちの生活を脅かしているものがいます。

トピックス

外来生物の影響

野生の生物たちは、地域ごとに長い進化を経て、それぞれの個体群が複雑で、多様な関係性の上にバランスが築かれています。そこに、突然もともといなかった生物が入ってくると、生態系のみならず、人間や農林水産業まで、幅広い悪影響が生じる恐れがあります。
国は、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(外来生物法)を制定し、生態系等に被害を与える生物を「特定外来生物」として指定しています。「特定外来生物」は、飼養・栽培・保管・運搬・譲渡・輸入などが原則的に禁止されています。
詳しくは、環境省ホームページ(外部サイトへリンク)をご参照下さい。

特定外来生物の例(出典:環境省ホームページ)

特定外来生物アライグマの写真

アライグマ

特定外来生物のアレチウリの写真

アレチウリ

特定外来生物のオオクチバスの写真

オオクチバス

外来生物の被害を予防するために

外来生物はある程度の数が増えてから被害が明らかになることが多いです。しかしながら、被害がわかってから対策をとっても、元の状態に戻すことはかなり難しくなります。そのためには、被害を未然に防ぐ努力が必要です。
被害を未然に防ぐためには、入れない!捨てない!拡げない!の3つが大切です。

  1. 入れない:悪影響を及ぼすかもしれない外来生物をむやみに日本に入れない。
  2. 捨てない:飼っている外来生物を野外に捨てない。
  3. 拡げない:野外にすでにいる外来生物は他地域に拡げない。

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580