現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 消費生活 > 注意喚起情報 > 災害に便乗した悪質商法にご注意ください!

更新日:2022年5月2日

ここから本文です。

災害に便乗した悪質商法にご注意ください!

災害に便乗した悪質商法にご注意ください

先日の地震に便乗して「被害状況を確認している」などと訪問し、「罹災証明や保険金の請求手続きをサポートする」「保険を使って自己負担なく住宅修理ができる」などと勧誘される手口の相談が寄せられています。

相談事例

  • 「被害状況を確認している」と訪問してきた事業者から、罹災証明や保険金の請求手続きをサポートすると勧誘された。「保険金を利用すれば実質的に無料で修理できる」と言われ、自分で手続きするのは大変だと思い契約したが、あとで契約書をよく読むと手数料が保険金の4割になっており、高いので解約したい。
  • 地震が発生した数日後、「保険会社から依頼され地震による被害を調査している」と電話があった。保険会社の関連会社と思い、住所を伝え調査の予約をした。その後保険会社へ問い合わせしたところ「そのような事実はない」と言われた。

アドバイス

  • 「保険金を使って自己負担なく住宅修理ができる」と勧誘されてもきっぱり断りましょう。
  • 保険金の請求は手数料なしで行うことができます。加入者自身で行うことが基本なので、自分で加入先の保険会社や保険代理店に相談しましょう。
  • 被害調査や保険金申請のサポートについて「自治体から委託されている」「国の認可を受けている」などと虚偽の説明をして勧誘する悪質な事業者も存在します。
  • 訪問や電話による勧誘で契約した場合、契約書面を受取った日から8日間はクーリング・オフすることができます。
  • 災害により被害を受けて工事を依頼する場合は、複数の業者から見積もりを取って検討しましょう。
  • 少しでも不安に思ったら、すぐに消費生活センターにご相談ください。

参考

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

◆消費生活相談ダイヤル 022-268-7867(なやむな)

このページに関するお問い合わせ
仙台市消費生活センター
電話:022-268-7040 ファクス:022-268-8309