現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 健康・医療 > 感染症情報・予防接種 > 予防接種 > 予防接種全般 > 長期にわたる疾病等のために定期予防接種の機会を逸した方へ

更新日:2016年10月26日

ここから本文です。

長期にわたる疾病等のために定期予防接種の機会を逸した方へ

長期にわたる疾病等のために定期予防接種の機会を逸した方へ

予防接種法に基づく定期予防接種については、接種対象年齢が定められています。しかし、「定期予防接種の対象であった期間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により、やむを得ずその予防接種を受けることができなかったと認められる方」については、対象年齢を過ぎていても定期予防接種を受けることができます。

対象となる予防接種

ヒブ(Hib)感染症、小児用肺炎球菌感染症、B型肝炎、4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ(急性灰白髄炎))、結核(BCG)、麻しん・風しん混合、水痘、日本脳炎、2種混合(ジフテリア・破傷風)、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)、高齢者肺炎球菌感染症

対象者

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかるなど特別な事情があったことにより、やむを得ず定期予防接種が受けられなかった方で仙台市に住民票のある方

特別な事情

次の1から3までに掲げる疾病にかかったこと(やむを得ず定期の予防接種を受けることができなかった場合に限ります)

  1. 重症複合免疫不全症,無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病
  2. 白血病,再生不良性貧血,重症筋無力症,若年性関節リウマチ,全身性エリテマトーデス,潰瘍性大腸炎,ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病
  3. 2または3の疾病に準ずると認められるもの

臓器の移植を受けた後,免疫の機能を抑制する治療を受けたこと

医学的見地に基づき1.または2.に準ずると認められるもの

※上記に該当する疾病が一律に予防接種不適当者であるということを意味するものではありません。予防接種実施の可否の判断は,予診を行う医師の診断により行われます。

対象期間

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等の特別の事情がなくなった日から2年以内(高齢者肺炎球菌予防接種については1年以内)。ただし、以下の予防接種については、特別の事情がなくなった日から2年以内であることに加え、接種する際の年齢制限があります。

  • 4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ(急性灰白髄炎))予防接種は15歳の誕生日の前日までの方
  • BCG予防接種は4歳の誕生日の前日までの方
  • Hib(ヒブ)予防接種は10歳の誕生日の前日までの方
  • 小児用肺炎球菌予防接種は6歳の誕生日の前日までの方

接種を希望する方

上記対象者に該当し,予防接種の実施を希望する方は,主治医とよく相談のうえ,下記の「理由書」を主治医に記入してもらい,お住まいの区役所家庭健康課または総合支所保健福祉課)へ提出してください。

対象疾患・理由書

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915