現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長動画メッセージ > 市長メッセージ 一人で悩まず、お話を聞かせてください―いのちと暮らしを支える相談窓口―(令和3年9月28日)

更新日:2021年9月28日

ここから本文です。

市長メッセージ 一人で悩まず、お話を聞かせてください―いのちと暮らしを支える相談窓口―(令和3年9月28日)

令和3年9月28日

 

 

メッセージ

皆さん、こんにちは。仙台市長の郡和子です。

長期にわたるコロナ禍によって、私たちの暮らしも大きく変化しています。学校、職場、家庭など、日常のさまざまな場面で、不安やストレスを感じてしまうことも多いと思います。どこに相談すればよいか分からず、一人で悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そのようなときにご利用いただきたい本市の相談窓口を2つご紹介いたします。

 

仙台いのち支えるLINE相談

1つ目は「仙台いのち支えるLINE相談」です。

身近なコミュニケーションツールであるスマートフォンなどを使って、皆さんの困りごとや悩みごとを専門のカウンセラーに気軽に相談することができます。相談は無料。予約は必要ございません。匿名での相談も可能です。LINEを使っていない方でも、ウェブチャット画面でお使いいただけます。

相談方法はとても簡単。使い方を見てみましょう。

まずは「仙台いのち支えるLINE相談」のページを開き、「仙台いのち支えるLINE相談」ボタンをタップ。いくつかの質問に答えて、最後に「相談する」をタップすれば、その後、会話するように文字でやりとりを行い、リアルタイムで相談できます。

 

暮らし支える総合相談

2つ目は「暮らし支える総合相談」です。

こちらは対面型の相談窓口で予約制です。お金や仕事のこと、家族関係など、暮らしの困りごとに対して弁護士などがアドバイスを行います。その後は解決まで専任のソーシャルワーカーが担当となり、継続的にサポートいたします。相談は無料。予約受け付けの電話番号は022-395-8865。お気軽にお電話ください。

本日ご紹介したほかにも、仙台市にはさまざまな相談窓口や相談できる団体がたくさんあります。こちらの「暮らしとこころのレスキューガイド(PDF:1,979KB)」には、そういった相談先の情報を一覧でまとめております。こちらのガイドは区役所の障害高齢課でもお配りしていますし、仙台市ホームページでも見ることができます。

誰かに悩みを打ち明けるのは、特に最初の一歩は勇気のいることですよね。

でも誰かに話してみると、気持ちが軽くなったり、心に余裕ができたりすることもあります。すぐには解決できなくとも解決の糸口が見えてくることもあります。どうか一人で悩まず、まずはあなたのお話を聞かせてください。お待ちしています。

 

令和3年9月28日
仙台市長 郡 和子

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ