更新日:2022年5月2日

ここから本文です。

放課後等学習支援事業

本事業は、小学校2年生~6年生の算数、中学校1年生~3年生の数学の学習内容の確実な定着のため、退職教員、教員経験者、教員免許状を取得した(現在失効中を含む)地域住民、教員志望や教育に関心のある学生、地域住民などを学習支援員として小中学校へ配置します。TT等の授業サポートを行い、指導の連続性と児童生徒のつまずきを把握した上で放課後等の補充学習の支援を行う取組です。

放課後に補充学習の支援をしている様子

houkagotougakushuusiennjigyou

houkagotou_2

 

事業目的

算数・数学の学習内容の確実な定着を図るため、学習支援員を配置し、個に応じたきめ細かな指導の一層の充実を図る。

先生方の声

  • 子どもにいつでも質問できる安心感を持たせ、苦手意識を軽減することができました。
  • できたという喜びを感じる子どもが多く見られました。
  • 放課後の補充学習で、学習内容が分かるようになってきた子どもの学習意欲が向上し、授業で積極的に挙手・発言する姿が見られるようになりました。
  • 子どもの様子を複数の大人の目で見ることで、担任だけでは気付きにくいことも把握でき、授業を振り返ることができました。

学習支援員の声

  • 放課後の補充学習に継続して取り組んだ子どもが、自信を持って授業に取り組むようになりました。
  • 学習支援の必要な子どもに対応することができ、分かる喜びを感じている場面を見ることができた。
  • 補充学習に参加している子どもが、できるようになったことやまだ苦手なことなど積極的に話すようになり、学習に対する意欲が見られるようになりました。
  • 学級担任や教科担当の先生との意思疎通を図ることで、より効果的な補充学習や学習支援をすることができました。

令和4年度の募集を開始しました。こちらをクリックしてください。

お問い合わせ

教育局学びの連携推進室

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎13階

電話番号:022-214-8438

ファクス:022-264-4437