更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台市鳥獣被害防止計画

仙台市では、西部地域を中心としてイノシシ、サル等による農作物被害が拡大していることを踏まえ「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律」に基づく被害防止計画を策定し、被害防止対策の強化を図ることにしました。

今後は、これまでの取り組みを活かしながら本計画により、国の支援策を活用し、地域ぐるみの被害防止対策を進めてまいります。

計画の概要

対象鳥獣

イノシシ、サル

捕獲に関する取り組み

猟友会支部に依頼するとともに、箱わなの購入や農家のわな免許取得を推進

被害防止対策

  • 防護柵の設置
  • 被害防止に関する普及啓発
  • その他

仙台市緊急捕獲等計画

さらに、近年のイノシシ、サル等の生息数増加によって農作物被害が深刻化・広域化しており、集中的かつ効果的な対策を早急に講じることが必要なため、仙台市では、緊急捕獲等計画を策定し、下記の事業活動を行うこととしました。

  • 集中的な捕獲活動により、イノシシ、サル等の生息数を抑制する「緊急捕獲活動」
  • 既存の侵入防護柵の延長や機能追加などにより防護強化する「侵入防止柵の機能向上」

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局農業振興課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8334

ファクス:022-214-8338