更新日:2017年1月20日

ここから本文です。

優良建築物等整備事業とは・・・

事業の目的

市街地の環境の整備改善、良好な市街地住宅の供給等に資するため、土地の利用の共同化、高度化等に寄与する優良建築物等の整備を行う事業について補助を行い、もって公共の福祉に寄与することを目的としています。

事業の種類

優良再開発型 共同化タイプ
優良再開発型 市街地環境形成タイプ

施行者

地方住宅供給公社、民間事業者等

事業の施行要件

対象地域

次に掲げる区域のいずれか

  1. 2号再開発促進地区
  2. 仙台市高速鉄道南北線駅又は仙台市高速鉄道東西線駅の概ね500m圏域

敷地等の要件

  • 施行区域面積が概ね1,000平方メートル以上であること
  • 建ぺい率の最高限度に応じて一定割合以上の空地を確保すること
  • 敷地が原則として幅員6m以上の道路に4m以上接すること

建築物の要件

  • 地階を除く階数が原則として3階以上であること
  • 耐火建築物又は準耐火建築物であること
  • 形態、色彩及び意匠が周辺の景観に調和するものであること

共同化タイプの要件

  • 2以上の地権者等が敷地を共同利用すること
  • 地権者等が2人である場合には、200平方メートル未満の敷地又は不整形な敷地を含むこと

市街地環境形成タイプの要件

下記のいずれかに該当するもの

  • 建築協定・地区整備計画等に基づく壁面の位置の制限、建築物の形態、意匠等に関する制限その他これらに類する制限を受けるものであること
  • 日常的に開放され、市街地における公衆の円滑な通行の確保に資する敷地内の公共的通路等を整備するもの
  • 敷地内の事業認可前の都市計画施設部分、地区施設部分、2号施設部分を空地として確保することにより、都市計画施設の整備の促進に寄与するとともに、歩行者空間としての確保等にも寄与するもの
  • 駐車台数が概ね100台以上の自走式駐車場(機械自走併用式駐車場の場合は概ね70台以上、機械式駐車場の場合は概ね30台以上)である公共駐車場と一体的に整備するもの
  • 都市計画法による都市施設またはこれらに準ずる施設である公共駐車場と一体的に整備するもの
  • 中心市街地内のもので駐車場の用に供する部分の床面積がこれと一体的に整備する建築物の建築面積以上である公共駐車場と一体的に整備するもの

その他の要件

  • 事業の実施に関し、あらかじめ、すべての地権者の同意を得ていること
  • 事業の推進を目的とした地権者による組織が成立されていること
  • 事業に係る建築物、空地その他の施設の維持管理体制が整備されていること

補助の内容

補助の対象とする事業は、次に掲げるものとします。

調査設計計画

事業計画作成費、地盤調査費、建築設計費

土地整備

建築物除却等費、補償費

共同施設整備

空地等整備費、供給処理施設整備費、その他の施設整備費

仙台市優良建築物等整備事業補助金交付要綱

優良建物等整備事業を行う施行者への補助金の交付については、仙台市優良建築物等整備事業補助金交付要綱(以下、要綱という。)にて定めています。
また、補助金の交付は、一定の基準(仙台市優良建築物等整備事業補助金交付に関する取扱い基準(以下、基準という。))を満たす事業に対して行うものとします。
要綱及び基準は、ページ下部からダウンロードしてご覧ください。

こちらからダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局市街地整備事業課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8314

ファクス:022-222-2448