更新日:2016年10月1日

ここから本文です。

参議院議員選挙の投票方法

参議院議員選挙では「選挙区選挙」と「比例代表選挙」の2つの選挙に投票します。

3年ごとに、定数242人(選挙区選出146人、比例代表選出96人)の半数である121人が改選されます。

選挙区選挙

各都道府県が一つの選挙区(一部の県を除き)となります。宮城県選挙区の定数は2人で、その半数の1人が改選されます。

投票用紙には、候補者名を記入して投票します。

比例代表選挙

全国を一つの区域とし、定数96人の半数の48人が改選されます。

投票用紙には、候補者名または名簿届出政党等の名称(または略称)のいずれかを記入して投票します。

参議院選の比例代表選挙の候補者名簿は「非拘束名簿式」と呼ばれ、あらかじめ当選順位は決められていません。総得票数(候補者名と政党等の名称で書かれた得票の合計)に基づき「ドント式」という方法により各政党等の当選人の数が決まり、次に、候補者名の得票数の多い候補者から順次当選人が決まります。

お問い合わせ

市選挙管理委員会事務局選挙管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1

電話番号:022-214-4445

ファクス:022-261-5932

選挙全般に関する問い合わせ 022-214-2023
委員会・啓発に関する問い合わせ 022-214-4445