現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 10月 > 市内の大学・専門学校等を対象に新型コロナウイルス感染症対策に関する意見交換会を開催します(発表内容)

更新日:2020年10月29日

ここから本文です。

市内の大学・専門学校等を対象に新型コロナウイルス感染症対策に関する意見交換会を開催します(発表内容)

令和2年10月28日

 

 

市内の専門学校におきまして県内最大のクラスターが発生し、特に外国籍の学生さんの感染が多数確認をされております。検査対象者のPCR検査を急ぎ行うとともに、どういった状況で感染が広がったのか調査に全力を挙げているところですが、全容を解明するには今のところ至っておりませんで、極めて強い危機感を持っているところでございます。

本市では7月に市内の大学や専門学校に文書を送付いたしまして、感染予防対策の徹底を呼び掛けましたが、昨日改めて文書で学生や職員の皆さんへの周知をお願いいたしました。また留学生の所属する学校には、仙台観光国際協会からも多言語での感染対策関連情報や生活支援情報をお伝えしているところでございます。

今回のクラスターは寮などの共同生活や学校内で感染が広がった可能性がありまして、各学校と協力をしてさらなる対策を講じていく必要があると、このように考えております。そこで10月30日(金曜日)に留学生が在籍をする約20の大学や専門学校の皆さまに集まっていただきまして緊急の意見交換会を開催することといたします。感染拡大防止策について有識者の方からご講演をいただきますとともに、各学校の取り組みや懸案事項に関しまして講師の方から具体的な指導や助言をいただきながら意見交換を行ってまいります。

最後に市民の皆さまへのお願いを私から申し上げます。今回のクラスターは外国籍の方だから発生したわけではもちろんございません。ウイルスは国籍にかかわらず感染をするものであります。外国籍の方々への誹謗(ひぼう)、中傷は絶対におやめいただきたいとお願いをさせていただきます。同じく仙台に住む仲間として、励まし合い支え合うことで、ともにこのコロナ禍を乗り越えてまいりたいと思います。市民の皆さま方のご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。

 


仙台市長 郡 和子