現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 1月 > 営業時間短縮の協力要請に伴う仙台市感染症拡大防止協力金の受け付けを開始します(発表内容)

更新日:2021年1月13日

ここから本文です。

営業時間短縮の協力要請に伴う仙台市感染症拡大防止協力金の受け付けを開始します(発表内容)

令和3年1月12日

 

 

営業時間短縮の協力要請に応じていただきました事業者の方々への協力金につきまして、本日より申請の受け付けを開始いたしますのでお知らせをいたします。今回受け付けますのは、昨年12月28日(月曜日)からの15日間において、午前5時から午後10時までの営業時間短縮の協力要請に全面的にご協力をいただいた国分町2丁目および一番町4丁目にある接待を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店に支給する協力金でございます。支給額は1施設あたり60万円で、複数施設を運営している場合は1施設ごとに60万円を加算いたします。協力金の申請期間は本日から2月12日(金曜日)まででございます。

本日からお問い合わせの専用ダイヤルと申請書作成支援窓口を開設いたします。申請書作成支援窓口は青葉区一番町に設置し、感染予防を図る観点から完全予約制で運用させていただきまして、申請書作成のご相談や申請書の受け付けに対応をいたします。この間、営業時間の短縮にご協力をいただきました事業者の皆さまには心から感謝を申し上げます。

なお、このたび県より再度の営業時間短縮の協力要請が本日午後10時から1月27日(水曜日)午前5時までの期間を対象として行われました。再度の協力要請に係る協力金につきましては、27日までの期間終了後、速やかに申請の受け付けが開始できるよう準備を進めてまいります。これまでご協力いただけなかった事業者の方につきましても、この再度の要請期間に全面的にご協力をいただければ、こちらの協力金をお申し込みいただけるようにいたします。営業時間短縮の協力要請の対象となる事業者の皆さまには知事と私の連名でご協力のお願いをする文書を送付させていただきました。

ここまで大変なご努力によって営業を続けてこられた皆さまには大変心苦しく存じますけれども、本市といたしましては協力金をできるだけ早くお届けするとともに、この局面を乗り越えた際には需要喚起策を講じるなど、地域経済の再生に向けて取り組んでまいります。何卒ご理解とご協力を賜りますように重ねてお願いを申し上げます。

 


仙台市長 郡 和子