現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 障害のある方 > 手帳 > 精神障害者保健福祉手帳

更新日:2016年10月12日

ここから本文です。

精神障害者保健福祉手帳

平成28年1月から、申請手続きにマイナンバーが必要になります。

平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続きで、マイナンバーの利用が始まります。

そのため、精神障害者保健福祉手帳の申請等手続きで、マイナンバーの記載が必要となります。

これまでの必要書類に加えて、マイナンバーに関する書類が必要となります。

詳しくは下記をご覧ください。

内容

各種の福祉サービスが受けやすくなります。

対象

精神障害のため、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方

障害程度

障害の程度によって、1級(重度)から3級(軽度)までに区分されます。

有効期間

2年間(更新手続きにより有効期間は延長されます。)

交付申請手続

区役所障害高齢課に申請し、精神保健福祉総合センターで判定を行います。

交付申請手続に必要なもの

1.申請書(※)
申請時に、診断書と写真をご提出の際に、窓口で記載していただきます。

2.個人番号カード等(平成28年1月から)

本人による申請の場合は、次の(1)、(2)のどちらかが必要です。
 (1)マイナンバーがわかる「個人番号カード」
 (2)マイナンバーのわかる「通知カード」及び本人であることが確認できる書類
  (「障害者手帳」「運転免許証」等)
代理人による申請の場合は、別途必要書類があります。
詳しくは、別紙「障害福祉サービス等の手続きに、マイナンバーが必要です」をご覧ください。

3.添付書類
次の(1)~(3)のうちいずれかの書類が必要です。(2)、(3)の場合は、精神障害を事由として受給している場合に限ります。(2)、(3)で申請された場合、手帳の等級は年金の等級と同じ等級になります。
 (1)医師の診断書(所定の様式(※))
   初診日より6カ月以降、作成日より3カ月以内のもの
   医師による診断書作成は有料となります。(料金は医療機関にご確認ください。)
 (2)障害年金証書等の写し(または直近の年金振込通知書)及び障害年金等に係る照会同意書(※)
  (裏面注意事項も参照してください。)
 (3)特別障害給付金受給資格者証の写し及び障害年金等に係る照会同意書(※)
  (裏面注意事項も参照してください。)
(※)の用紙は各区役所障害高齢課・各総合支所保健福祉課窓口に用意しております。
または、仙台市ホームページよりダウンロードできます。

4.印鑑
本人以外の申請の場合や障害年金等に係る照会同意書による申請の場合に必要です。

5.写真2枚(同一のもので次の条件を満たしているもの)
写真は、手帳の交付時に提出願います。
更新申請の場合で、等級の変更がない場合は、現在の手帳に使用中の写真を継続して利用することができます。
タテ4cm、ヨコ3cm
脱帽、上半身(胸から上)かつ正面向きで申請日から1年以内に撮影されたもので、本人と確認ができるもの。
ポラロイド写真、カラーコピーは使用できません。
 デジタルカメラで撮影したものは、写真用紙に印刷したものに限ります。

問合先

各区役所 障害高齢課

窓口

電話番号

青葉区役所障害高齢課障害者支援係

022-225-7211(代表)

宮城野区役所障害高齢課障害者支援係

022-291-2111(代表)

若林区役所障害高齢課障害者支援係

022-282-1111(代表)

太白区役所障害高齢課障害者支援係

022-247-1111(代表)

泉区役所障害高齢課障害者支援係

022-372-3111(代表)

添付ファイル


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局精神保健福祉総合センター

仙台市宮城野区幸町3丁目12番1号

電話番号:022-265-2191

ファクス:022-352-3906