現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 男女共同参画 > DV・性暴力防止啓発リーフレット > 夫・パートナーからの暴力に苦しんでいるあなたへ

更新日:2016年12月22日

ここから本文です。

夫・パートナーからの暴力に苦しんでいるあなたへ

DVリーフ画像

自分を見つめ直してみませんか?

<身体的暴力>

  • 彼はあなたを平手で打ったり、蹴ったり、髪をひっぱったりすることはありませんか?
  • 彼はあなたの身体に刃物などの凶器を突き付けるなど、命の危険を感じるような恐怖を与えたことはありませんか?

<精神的暴力>

  • 彼はあなたがあなたの友達や両親と交際するのを嫌がりませんか?
  • 彼はあなたを「バカ」、「お前は何もできない」とののしったり、無視したりすることはありませんか?

<性的暴力>

  • 彼はあなたが見たくないポルノビデオを見せたり、同じことをさせようとしたりすることはありませんか?
  • 彼はあなたがいやがっているのに性行為を強要することはありませんか?

<経済的暴力>

  • 彼はあなたに生活費を渡さなかったり、あなたに借金をさせたりすることはありませんか?
  • 彼はあなたに「外で働くな」、「仕事をやめろ」と言うことはありませんか?

そのため・・・

  • あなたは、いつも彼の機嫌が悪くならないようにビクビクし、いつも神経を張り詰めて生活していませんか?
  • あなたは、「こんな状況を誰にも話せない」、「話すともっとつらいことがおきる」と思っていませんか?

ドメスティック・バイオレンスとは

Domestic Violence

ドメスティック・バイオレンス

親密な関係にある(あった)者からの暴力、又は支配的な行動のことをいいます。

殴る、蹴るといった身体的な暴力の他に、精神的、性的、経済的な暴力があります。暴力については「振るう側」に問題があり、「振るわれる側」には非はありません。

あなたはひとりぼっちじゃありません。画像

どうか、あなたの心の声に耳を澄ませてください。

とても小さな声ですが、それはあなた自身の心の叫びなのです。

あなたはいつもハラハラしたりいいわけを考えてビクビクしたりいつもおびえていなくていいのです。

あなたは優しくされていいのです。

あなたは特別な理由がなくても生活を楽しんでいいのです。

あなたは自由なのです。

自由な心は希望へとつながってゆきます。

DV被害者を守る法律があります

配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(DV防止法)

この法律は配偶者からの暴力が対象です。

婚姻の届出はしていなくても事実上婚姻関係と同じような事情にある人や、元配偶者も含みます。

また、共同生活を送る交際相手にも準用されます。

保護命令

  • 接近禁止命令(6か月間)
    加害者が被害者、被害者と同居している未成年の子や被害者の親族等につきまとったり、住居・勤務先などの付近をはいかいすることを禁止する命令です。
  • 電話等禁止命令(6か月間)
    接近禁止命令と併せて、迷惑電話や面会の要求等8つの行為を禁止する命令です。
  • 退去命令(2か月間)
    「加害者が被害者とともに住んでいる住居から出て行くこと」と、「付近のはいかい禁止」を命じます。
  • 罰則
    命令違反は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

被害を受けた際の公的な支援体制を表した図です。まずは仙台市配偶者暴力相談支援センター又は各警察署にご相談ください。

どうして暴力が続くの?

彼が言うように私にも悪い所があるのでは?

いいえ、違います。

あなたがどんなに努力してもなんの理由もなく暴力がふるわれていませんか?

子どものために暴力を我慢すべきかしら?

いいえ、違います。

暴力にあふれた環境は子どもにとっても大変危険で深く傷つく環境です。

子どものためにも現状が変わることが望ましいのです。

でも一人では生きていけないと思ってはいませんか?画像

ひとりで悩まないで、相談してください

家庭内での暴力は、なかなか人には相談しにくく、自分ひとりで解決しようと思い悩んでいませんか。

暴力を受けているのは、あなたが悪いからではありません。また、あなたひとりの努力で解決することは多くの場合困難です。

ドメスティック・バイオレンスについて、さまざまな相談機関があなたからの相談を待っています。相談にあたってはプライバシーに配慮し、秘密は厳守いたします。お気軽にご相談ください。

相談窓口

(※)祝日及び年末年始を除く

  • 仙台市「女性への暴力相談電話」(仙台市配偶者暴力相談支援センター)
    電話022-268-5145
    (月曜・水曜~金曜)9時~17時、(火曜)9時~19時(※)
  • 仙台市男女共同参画推進センター「女性相談」(エル・ソーラ仙台 相談支援係)
    電話022-268-8302(面接相談予約)
    (月曜・水曜~土曜)9時~17時、(火曜)9時~21時
    電話022-224-8702(電話相談専用)
    (月曜・水曜~土曜)9時~15時30分
    (月2回程度の休館日を除く)(※)
  • 仙台市各区家庭健康課
    青葉区 電話022-225-7211(代)
    宮城野区 電話022-291-2111(代)
    若林区 電話022-282-1111(代)
    太白区 電話022-247-1111(代)
    泉区 電話022-372-3111(代)
    (月曜~金曜)8時30分~17時(※)
  • 女性の人権ホットライン(仙台法務局)
    電話0570-070-810
    (月曜~金曜)8時30分~17時15分(※)
  • よりそいホットライン(一般社団法人社会的包摂サポートセンター)
    電話0120-279-338
    (年中無休)24時間受付
  • 宮城県女性相談センター(宮城県配偶者暴力相談支援センター)
    電話022-256-0965 電話・来所相談
    (月曜~金曜)8時30分~17時(※)
  • みやぎ夜間・休日DVホットライン
    電話022-725-3660
    (木曜・土曜)17時~21時(※)
    (第2・4日曜)9時~17時(年末年始を除く)
  • 宮城県警察「警察相談専用電話」
    電話#9110(プッシュホンのみ)
    電話022-266-9110(ダイヤル回線の場合)
    (年中無休)24時間受付
  • (NPO法人)ハーティ仙台
    電話022-274-1885
    (月曜~金曜)13時30分~16時30分(※)
    (第1~第4火曜)18時30分~21時(※)
  • しんこきゅうタイム(離婚やDVの話し合いの場)
    (第2土曜・第4木曜)13時30分~16時30分(※)
    問い合わせ(小島法律事務所)電話022-213-9633

仙台市
公益財団法人せんだい男女共同参画財団
仙台人権啓発活動地域ネットワーク協議会

仙台市配偶者暴力相談支援センター事業

仙台市では、平成25年3月1日に仙台市配偶者暴力相談支援センター事業を開始しました。詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

お問い合わせ

市民局男女共同参画課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階

電話番号:022-214-6143

ファクス:022-214-6140