更新日:2018年6月1日

ここから本文です。

既存の建物に浸透ますを設置する場合

既存の建物に浸透ますを設置する場合既存の建物に設置する場合は,申請者の費用負担がなるべく出ないような補助金額設定としています。
工事業者によって設置工事費が異なりますので,補助上限額を超える場合には申請者の負担が生じます。

申請の前に

浸透ますの設置工事は,仙台市下水道条例により仙台市公認排水設備業者(公認店)でなければできません。申請手続きは公認店が代行しますので,公認店にご相談,もしくは事前にお問い合わせください。

補助対象と金額

  • 4基まで工事費相当額を助成します。
  • 浸透ますの補助上限額は
  • 補助上限額
    ます内径が150~250mmの場合は1基当たり24,000円まで
    250~300mmの場合は1基当たり25,000円まで
    300~350mmの場合は1基当たり30,000円まで
  • ますの基数と内径は,現場条件で変わります。
  • 標準的な建物では,ますの数は4基以下となります。
  • ます設置工事の設計は公認店が行います。

補助のイメージ画像

計算例

  1. 工事費1基25,000円の内径150mm浸透ますを5基設置する場合
    →必要経費:25,000円×5=125,000円
    →補助金額:24,000円×4=96,000円
  2. 工事費1基20,000円の内径150mm浸透ますを5基設置する場合
    →必要経費:20,000円×5=100,000円
    →補助金額:20,000円×4=80,000円
  3. 工事費24,000円の内径150mm浸透ますを4基設置する場合
    →必要経費:24,000円×4=96,000円
    →補助金額:24,000円×4=96,000円

お問い合わせ

建設局業務課

仙台市太白区南大野田29-1水道局庁舎1階

電話番号:022-748-0585

ファクス:022-249-4471