現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 12月 > 石炭火力発電所の立地抑制に向けた新たな指導方針を策定しました

更新日:2017年12月1日

ここから本文です。

石炭火力発電所の立地抑制に向けた新たな指導方針を策定しました

 本市では石炭火力発電所の立地抑制に向け、新たに「杜の都・仙台のきれいな空気と水と緑を守るための指導方針」を策定しました。

 本指導方針は、仙台港周辺で石炭火力発電所の建設が相次ぎ、周辺環境への影響を懸念する声が上がっている状況を踏まえ、石炭火力発電所に対する本市の姿勢を明確に示すため、本市独自の立地抑制策として策定したものです。また、「指導方針」は任意の制度ですが、これに応ずるか否かにより事業者の環境負荷に対する姿勢が厳しく問われるものと考えています。

 今後、本市域内へのさらなる石炭火力発電所の立地については、自粛するよう強く求めることを基本とし、杜の都の良好な環境の保全により一層努めてまいります。

 

1 指導方針

杜の都・仙台のきれいな空気と水と緑を守るための指導方針(PDF:137KB)

 

2 施行期日

平成29年12月1日

 

関連リンク

石炭火力発電所に対する取り組みについて

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580