現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2020年度(令和2年度) > 11月 > 新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(仙台市内656~666例目)

更新日:2020年11月12日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(仙台市内656~666例目)

市内において新たに新型コロナウイルス感染症の患者11名が確認されました。市内で新型コロナウイルス感染症の患者が確認されたのは656~666例目、県内では933~943例目となります。

 

1 新規患者

(1)人数

11名

(2)患者について

  1. 仙台市内患者656(70代 女性)
  2. 仙台市内患者657(50代 男性)
  3. 仙台市内患者658(30代 女性)
  4. 仙台市内患者659(60代 女性)
    3、4の2名は11月11日(水曜日)に業種・業態を公表した施設における検査対象者
  5. 仙台市内患者660(20代 男性)
  6. 仙台市内患者661(20代 男性)
  7. 仙台市内患者662(60代 男性)
  8. 仙台市内患者663(20代 男性)
    7、8の2名は、仙台市内患者625(60代 女性)の濃厚接触者
  9. 仙台市内患者664(10代 男性)
    仙台市内患者622(10代 男性)の濃厚接触者
  10. 仙台市内患者665(50代 女性)
  11. 仙台市内患者666(20代 男性)
    仙台市内患者369(20代 女性)の濃厚接触者

※詳細については別紙のとおり

 

2 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための情報提供

宮城県内患者929が、仙台市内患者606および宮城県内患者895と同一施設内で接触していたことが確認されました。同一施設内における濃厚接触者が特定できるか、なお調査中ですが、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための県民への情報提供(呼びかけ)基準」 2(2)に基づき、以下のとおり情報提供します。

  1. 施設内での感染者
    仙台市内患者606、宮城県内患者895・929
  2. 施設の業種・業態
    飲食店(酒類を提供するもの)
  3. 感染拡大に影響があると推測される事項
    マスクを着用せずに、十分な距離を取らずに会話をしていた。

 

別紙

別紙_新型コロナウイルス感染症の患者の発生について【656~666例目】(PDF:192KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915