更新日:2022年7月11日

ここから本文です。

文化部活動について

仙台市の「文化部活動の方針」について

 学校教育の一環として行われる部活動は,異年齢との交流の中で,児童生徒同士や児童生徒と教師等の好ましい人間関係の構築を図ったり,児童生徒自身が活動を通して自己肯定感を高めたりするなど,大きな教育的意義を持っています。
 一方で,昨今,部活動の過熱化による児童生徒の健康保持増進や成長及びバランスのとれた生活への悪影響が見られること,部活動の指導時間が教職員の長時間勤務の一因となっていることなどの課題が指摘されています。
 このような課題を受け,平成30年12月に文化庁において「文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」が策定されました。
 仙台市教育委員会としても,児童生徒にとって望ましい学校部活動の実施環境を構築するという観点に立ち,令和2年4月に,「文化部活動の方針」を策定しました。
 各学校が,社会の変化等に対応した指導・運営に関する体制を構築するとともに,本市の児童生徒が,芸術文化等に親しみ,多様な表現や鑑賞の活動を通して,バランスの取れた心身の成長と学校生活を送ることを目指してまいります。

文化部活動の方針(PDF:326KB)

児童生徒・保護者の皆様へ(PDF:558KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

教育局教育指導課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎13階

電話番号:022-214-8875

ファクス:022-264-4437