更新日:2021年5月19日

ここから本文です。

地下鉄南北線の新型車両デザインが決定しました(発表資料)

令和3年5月18日
交通局車両課
022-290-9844

 

交通局では、令和6年度から運行開始を予定している地下鉄南北線新型車両「3000系」のデザインについて、令和3年3月に3つの車両デザイン候補から市民の皆さまに投票をいただきました。その結果、約13,000票のうち、約半数の方から支持を集めた「南北線車両からの進化」に決定しました。

1 決定した車両デザイン

(1)コンセプト

「南北線車両からの進化」

(2)デザインの特徴

1.車両の先頭形状をくの字型とし、従来の南北線の車両「1000N系」のスタイルを継承

2.ライトは前面ラインと一体化させ進化したイメージを創出

(3)車両デザインイメージ

南北線新型車両デザイン

 

2 投票について

(1)投票期間

3月9日(火曜日)~29日(月曜日)
※下記3.は3月1日(月曜日)~10日(水曜日)

(2)投票方法  

  1. 交通局の専用ウェブページで投票
  2. 地下鉄の駅に投票箱を設置
    地下鉄南北線泉中央駅、勾当台公園駅、仙台駅、長町南駅
    地下鉄東西線八木山動物公園駅、青葉通一番町駅、仙台駅、薬師堂駅
  3. 地下鉄南北線沿線に所在する6つの小学校の6年生による投票
    黒松、旭丘、上杉山通、南材木町、長町南、富沢の各小学校で投票を実施

(3)投票総数

12,980票

(4)投票結果  

  1. A案(南北線車両からの進化)6,251票(48%)
  2. B案(シンプルで優しい)  2,111票(16%)
  3. C案(懐かしくて新しい)  4,618票(36%)

 

3 今後のスケジュール

 車両の詳細設計・工場製作・試運転を経て、令和6年度から運行を開始します。

 

【参考】投票結果の詳細について

投票結果の詳細について
投票方法 有効投票数 A案 B案 C案
    南北線車両からの進化 シンプルで優しい 懐かしくて新しい
1.交通局の専用ウェブページで投票 8,866票 4,323票 1,312票 3,231票
2.地下鉄の駅に投票箱を設置 3,523票 1,614票 629票 1,280票
3.地下鉄南北線沿線に所在する6つの小学校の6年生による投票 591票 314票 170票 107票
合計 12,980票 6,251票 2,111票 4,618票
    -48% -16% -36%