更新日:2022年7月21日

ここから本文です。

東北初!グリーンボンドを発行します(発表資料)

令和4年7月20日
財政局財政課

(直通)022-214-8104

 

仙台市では、杜の都の豊かな都市環境を基礎として、防災や環境配慮の視点を織り込んだ「防災環境都市」を標榜(ひょうぼう)し、災害に強く環境にやさしいまちづくりを進めています。また、ゼロカーボンシティの実現に向けて、世界的に喫緊の課題である地球温暖化対策にも取り組んでいます。

このたび、本市が進める防災環境都市づくりの加速化と、脱炭素社会の実現に向けた資金調達の一環として、「グリーンボンド」を発行します。「グリーンボンド」は、環境改善効果等がある事業に使途を限定して発行する市債で、東北の自治体では本市が初めての発行となります。

 

1 概要

(1)発行時期

令和4年9月(予定)

(2)発行金額

50億円

(3)発行年限

5年債

(4)販売先

法人

(5)主幹事

みずほ証券株式会社、大和証券株式会社

※主幹事
引き受けや販売など、起債運営全般を取りまとめる者として、市が指定した者。

 

2 調達資金の充当事業

(1)再生可能エネルギー

市有施設への再生可能エネルギー設備導入

(2)エネルギー効率

  1. 市有施設のエネルギー効率改善を含む長寿命化改修
  2. ごみ処理施設整備

(3)グリーンビルディング

環境性能の高い市有施設の新築

(4)気候変動への適応

  1. 道路等防災対策、道路整備(排水性・透水性舗装)
  2. 河川改修、浸水対策
  3. 急傾斜地緑地防災対策

 

3.第三者機関による評価

本市が発行するグリーンボンドが、国際資本市場協会(ICMA)によるグリーンボンド原則2021および環境省グリーンボンドガイドライン2022年版に適合していることについて、第三者機関である株式会社格付投資情報センター(R&I)より、本日付けで評価を取得しています。

 

仙台市グリーンボンドリーフレット(PDF:834KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ