更新日:2017年3月1日

ここから本文です。

民間事業者等とエネルギーに関する共同研究の実施

仙台市では、東日本大震災時のエネルギー供給の途絶などの経験と教訓を踏まえ、災害に強くエネルギー効率が高い分散型エネルギーの創出や環境負荷の小さい次世代エネルギー等に関する研究開発の推進などによるエネルギー自律型のまちづくりを進めています。

この取組みの一環として、民間事業者等とエネルギーに関する共同研究を実施します。

民間事業者等とエネルギーに関する共同研究の実施

エネルギー自律型のまちづくりに向け、民間事業者等とのエネルギーを切り口とした共同研究に取り組んでいきます。共同研究を通し、民間事業者等が本市域内での実施を検討しているエネルギー供給事業あるいは研究開発などの事業化を自治体の立場から支援いたします。

共同研究に際しては、守秘義務等の内容を含む協定書を締結いたします。また、共同研究の進め方は、定期的な勉強会等の実施を想定しております。※協定書の内容および共同研究の進め方については、協議により調整いたします。

共同研究を行った事業を具体的に事業化する段階において、仙台市創エネルギー導入促進助成制度の要件に適合する場合は、同制度に申請を行うことも可能です。(ただし、助成の決定については、別途、同制度に基づく審査があります)

市との共同研究にご興味がある場合は、まだ構想段階のものであっても、まずは下記担当部署までお問い合わせください。

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市推進室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8098

ファクス:022-214-8497