現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まちづくり > 防災環境都市づくり(震災復興メモリアル事業、エネルギー政策を含む) > エネルギー自律型のまちづくり > 仮想発電所技術を活用した防災環境配慮型エネルギーマネジメントの構築に向けた取り組み

更新日:2018年5月10日

ここから本文です。

仮想発電所技術を活用した防災環境配慮型エネルギーマネジメントの構築に向けた取り組み

仮想発電所(バーチャルパワープラント:VPP)技術を活用した防災環境配慮型エネルギーマネジメントの構築に向けた取り組み

仙台市は、東北電力株式会社との連携により、地域の防災力強化および環境負荷低減を目指し、仮想発電所(バーチャルパワプラント:VPP※1)技術を活用した避難所発電システムの実証事業取り組みます。

これは、災害時に指定避難所となる市内小中学校等に設置している「防災対応型太陽光発電システム」をVPP技術による集中監視と一括制御で最適な状況にし、防災環境都市づくりに向けた仙台発の防災環境に配慮したエネルギーマネジメントシステムの構築を目指すものです。

※1 自治体や企業などの発電設備や蓄電池、電気自動車等の複数の設備から生み出されたエネルギーをICT技術により集約し、あたかも一つの発電所(仮想発電所)のように機能させ、その操作も遠隔制御で行うもの。発電所や電力系統への新たな設備投資の抑制を図りながら、地域の全体の電力需給バランス調整や再生エネルギーの普及促進への寄与が期待されている。

具体的な取り組み内容

  • 太陽光発電設備(1カ所につき、出力10kW程度)と蓄電池(1カ所につき、容量15kWh程度)が設置されている仙台市内の指定避難所のうち25カ所を対象に、東北電力のVPP実証プロジェクトのシステムを用いて、太陽光の発電電力量や蓄電池の残量等を常時監視。また、防災機能を損なうことなく、気象状況や電力の使用状況等を踏まえながら、太陽光発電設備や蓄電池を最適に制御。
  • 最適制御により集約したリソース(電力)について、電力需給バランス調整機能としての活用可能性を検証。また、太陽光発電の余剰電力の有効活用や蓄電池の長寿命化を図る仕組み(防災環境配慮型エネルギーマネジメント)の構築に向けて検証。
  • 検証期間は、平成30年4月27日から平成33年3月31日までの3年程度。

VPP図

仙台市と東北電力株式会社の基本協定締結式を行いました

平成30年4月27日(金曜日)、仙台市役所本庁舎において、郡和子・仙台市長および原田宏哉・東北電力株式会社取締役社長による本事業の基本協定締結式を行いました。

VPP基本協定締結式

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8057

ファクス:022-214-8497