更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

有機薄膜太陽電池の実証実験第1弾を実施しています

1実証実験の概要

-ウインドウフィルムタイプの有機薄膜太陽電池を使用した世界初の実験-

  • (1)場所
    スリーエム仙台市科学館エントランス内仙台市青葉区台原森林公園4-1
  • (2)実験時期
    平成26年6月27日より2年間を予定
  • (3)実験内容
    平成26年6月27日より仙台市科学館で有機薄膜太陽電池の実証実験を開始しました。
    本実験は有機薄膜太陽電池の特徴である、「薄い」、「軽い」、「高いデザイン性」を活かし、ウインドウフィルムとして窓に設置して
    発電をおこなう世界初の実験です。発電機能の他に遮熱・飛散防止の機能も併せ持っています。
    発電の状況が見て分かるように発電量に応じて3色・12本のLED照明が点灯します。

正面から見た有機薄膜太陽電池設置写真

(写真)有機薄膜太陽電池設置(正面)

LED点灯時の有機薄膜太陽電池写真

(写真)有機薄膜太陽電池(LED点灯時)

関連ページ

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8098

ファクス:022-214-8497