更新日:2017年1月30日

ここから本文です。

特別展に有機薄膜太陽電池が登場しました

平成25年7月21日(日曜日)から8月25日(日曜日)にスリーエム仙台市科学館にて開催された「エレメントハンター・元素の世界-元素(エレメント)を探し、未来を守れ!-」に、三菱化学株式会社の協力により太陽電池が展示されました。
展示されたのは、有機薄膜太陽電池やアモルファスシリコン太陽電池など。従来型の結晶系太陽電池との比較により、薄膜太陽電池の「薄い」、「軽い」、「曲がる」の特徴を紹介したほか、ライトの光で太陽電池が透ける最新型の「シースルータイプ」の有機薄膜太陽電池をいち早くご覧いただきました。
さらに、アモルファスシリコン太陽電池を実際に手で触って薄さや軽さを体験してもらうコーナーも設置。来場者からは驚きの声があがり、「実用化したら嬉しい。」、「自分の家でも使ってみたい。」などの期待が寄せられました。
スリーエム仙台市科学館では、今年度後半より有機薄膜太陽電池の実証実験が開始します。ご期待ください。

写真/太陽電池サンプル

1

写真/有機薄膜太陽電池

2

写真/観覧の様子

3

  1. 薄膜太陽電池の特徴を体験。
  2. 有機薄膜太陽電池。ライトをあてると透けて見えます。
  3. 期間中、たくさんの方にお越しいただきました。

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8098

ファクス:022-214-8497