現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まちづくり > 防災環境都市づくり(震災復興メモリアル事業、エネルギー政策を含む) > エネルギー自律型のまちづくり > 第1回工作教室「太陽電池で気球を飛ばそう!」(協力:三菱化学株式会社)を実施しました

更新日:2017年1月30日

ここから本文です。

第1回工作教室「太陽電池で気球を飛ばそう!」(協力:三菱化学株式会社)を実施しました

写真/太陽電池気球製作1平成25年7月27日(土曜日)、三菱化学株式会社の協力のもとに第1回工作教室「太陽電池で気球を飛ばそう!」を実施しました。

この工作教室は、有機薄膜太陽電池も展示されている夏の特別展「エレメントハンター・元素の世界-元素(エレメント)を探し、未来を守れ!-」の関連イベントとして開催されました。工作したのは、フィルム状の太陽電池と風船を使った「特製の気球」。薄い板に貼り付けた太陽電池に光が当たると、モーターが駆動してプロペラが回転し、風船が空中を動き回る仕掛けです。当日はたくさんの親子が参加し、薄くて軽い太陽電池の特徴を確かめながら、工作教室を楽しんでいただきました。

完成した気球は、そのままご自宅にお持ち帰りいただけます。次回8月24日の工作教室にも、たくさんのご応募をお待ちしています!

写真/太陽電池気球製作2

フィルム状の太陽電池を薄い板に貼ります。

写真/太陽電池発電

ライトを当てると・・・プロペラが回りました!

写真/太陽電池気球

特製気球の完成です!

第2回工作教室の参加者募集中!

イベント名

「太陽電池で気球を飛ばそう!」

内容

フィルム状の太陽電池で駆動するプロペラ付の気球を工作する。

実施日

8月24日(土曜日)13時~15時

場所

スリーエム仙台市科学館(仙台市青葉区台原森林公園4番1号)

対象年齢

4年生以上

募集人数

40名(20名×2回)※親子での参加が可能です。

募集期間

8月12日(月曜日)必着応募者多数の場合は抽選となります。

応募方法

往復ハガキによる事前申込制です。イベントスケジュールについてはこちらをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8098

ファクス:022-214-8497