現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まちづくり > 防災環境都市づくり(震災復興メモリアル事業、エネルギー政策を含む) > エネルギー自律型のまちづくり > 第2回工作教室「太陽電池で気球を飛ばそう!」(協力:三菱化学株式会社)を実施しました

更新日:2017年1月30日

ここから本文です。

第2回工作教室「太陽電池で気球を飛ばそう!」(協力:三菱化学株式会社)を実施しました

写真/太陽電池気球1

平成25年8月24日(土曜日)、三菱化学株式会社の協力により第2回工作教室「太陽電池で気球を飛ばそう!」を実施しました。

工作教室では、フィルム状の太陽電池でプロペラを回転させる「特製の気球」を作成しました。親子など約40名が参加し、太陽電池の「薄い」、「軽い」、「曲がる」という特徴を確かめながら、楽しく工作しました。今回は晴天に恵まれ、屋外でも気球を飛ばす実験を実施。太陽の光でプロペラが勢いよく回転すると、参加者から大きな歓声があがりました。

終了後のアンケートでは、「ペラペラした太陽電池の特徴がとても面白かった。」、「家電や車、カーテン、ラジコン、洋服など、色々なものに太陽電池をつけてみたい。」、「太陽電池への関心が高まった。」などの感想が寄せられ、太陽電池の未来に一層期待が膨らんだ工作教室となりました。

写真/太陽電池製作

1

写真/太陽電池気球製作

2

写真/太陽電池気球2

3

  1. 太陽電池を取り付ける難しい工程。協力して取り組みます。
  2. 薄膜太陽電池の特徴を学びました。
  3. 完成した気球を屋外で飛ばしました!

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市・震災復興室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8098

ファクス:022-214-8497