更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

主な野生鳥獣の特徴について―ドバト

ドバトの写真

市街地でよく見かけるドバトは、外来種で南ヨーロッパ、中近東の「カワラバト」が飼いならされたものです。
日本には古く奈良時代に持ち込まれ、寺院などでは「塔バト」「堂バト」と名づけられたようです。
通信手段やレース鳩、平和のシンボルなどとして多くの人に飼われてきましたが、これらが野生化し、現在のドバトになりました。

ドバトは、木の実、草の実など、主に植物性のものを食べます。
また、群れで行動し、雨の降り込まない棚状の所にやぐらや巣をつくります。
繁殖期間は1年中ですが、とくに春から夏にかけては繁殖が盛んで、何度も産卵をくり返します。

ハトへのエサやり行為はやめましょう

「ハトの糞や羽毛で汚された」、「糞などが臭い」、「鳴き声がうるさい」などの苦情が発生します。
近隣住民との間でトラブルにもなりますので、ハトのエサやり行為はやめましょう。

なお、ドバトを含む野鳥は法律により捕獲が禁止されています。
迷惑だからといって、許可なくドバトを捕まえたり、ヒナや卵を取り除くことはできません。
詳しくは、各区役所・総合支所の野生鳥獣担当窓口にご相談ください。

関連リンク

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580