現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 建築・都市開発・災害対策 > 建築・住宅 > 建築行政 > 制度・法令等 > 地域・地区 > 仙台市の容積率(建築を行う市民の皆さま、建築関係者の方々へ)

更新日:2017年6月1日

ここから本文です。

仙台市の容積率(建築を行う市民の皆さま、建築関係者の方々へ)

建築基準法第52条第8項では、第1種住居地域、第2種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、準工業地域又は商業地域(市長が都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区域を除く。)において、一定の条件を満たす共同住宅等の容積率については、最大で1.5倍まで緩和することと規定しています。

しかしながら、本市では、地域性を考慮して、相当の期間、容積率の緩和を許容するのは適切ではないと判断し、建築基準法第52条第8項の規定の適用除外となる区域として、「第1種住居地域、第2種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域及び準工業地域の全部」を指定し、容積率の緩和を適用しないこととしました。

なお、この容積率緩和の規定は、平成14年7月12日の建築基準法改正(平成15年1月1日施行)により、第52条第7項として新たに設けられましたが、平成16年6月2日の同法改正(平成17年6月1日施行)により、第52条第8項に項ずれしました。

建築基準法第52条第8項の容積率緩和規定の適用除外区域
第1種住居地域、第2種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、準工業地域の全部

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局建築指導課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8347

ファクス:022-211-1918