更新日:2020年6月3日

ここから本文です。

国内における感染状況について(所感)

令和2年6月3日

 

昨日東京では19日ぶりに30人を超える新たな感染者が確認され、夜半には「東京アラート」が発令されました。北九州市に続いて東京都でも「第2波」への警戒感が高まっているところでございます。先月25日に首都圏での緊急事態宣言が解除されてから、まだ1週間ちょっとしか時が経過しておりません。首都圏からのアクセスが良く、ヒト・モノの往来が容易な本市といたしましては、東京での感染拡大というのは大きな懸念事項でございます。

仙台市内では6月1日から市立学校が再開いたしました。また感染症対策と市民生活・地域経済の回復の両立、これを図ってまいる段階にあるとこのように認識をしているところであります。 

本市でクラスターが発生いたしました4月、これをぜひ市民の皆さま方に思い出していただきたいと思うのです。感染の拡大は大変急速に起こります。現在においても6月18日までは首都圏への移動は慎重に対応いただきたいと県からの要請もあるところですけれども、私からも重ねて、市民の皆さま方に自分自身やご家族の健康と安全のためにも、再生・回復を始めた地域経済のためにも、首都圏への移動については慎重なご判断をお願い申し上げるところでございます。

 

仙台市長 郡 和子