現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 6月 > 市立学校へのエアコン設置について(発表内容)

更新日:2020年6月3日

ここから本文です。

市立学校へのエアコン設置について(発表内容)

令和2年6月2日

 

夏休みの短縮を予定している中で、市立学校へのエアコンの設置に関しまして保護者の皆さまや市民の皆さま方に大変ご心配をおかけしているところでございます。今後の見通しがたってまいりましたので対応方針についてお知らせをいたします。

まず、中学校、中等教育学校、特別支援学校につきましては、6月末までに全ての学校でエアコンの設置が完了する予定でございます。

小学校119校のうち、当初6月末までに設置が完了するのは46校でございましたが、残る73校に関しましては、この間、工期の短縮について施工業者の皆さまと協議を重ねてまいりました。その結果、関係者のご尽力によりまして7月の中旬までにさらに22校が設置可能となりました。残る51校についてでございますが、設置が間に合わず大変申し訳なく思うところでございます。エアコンの設置工事と並行して7月の中旬までに仮設のルームエアコンを設置することといたします。設置は1クラス1台、全部で800台でございます。また、電気容量を補うための仮設発電機の設置も行います。設置費用はおよそ3億1千5百万円を見込んでおります。今年度予算を流用して迅速に対応する考えでございます。学校の構造面での制約などから、一部で仮設エアコンの設置が難しい場合も想定されますが、スポットクーラーや扇風機の追加による対応を行いたいと思っております。

新型コロナウイルスの影響によって、暑いさなかの7月下旬以降も授業を行わざるを得ないという状況を重くみまして、教育委員会とも相談をし、緊急の対応を取ることにしたものでございます。子どもたちの健康を守り、少しでも涼しい環境で学習に取り組めるよう、最大限の努力をしてまいります。

 

仙台市長 郡 和子